Everyday I Write the Blog?
by biturbo93
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
一番ハマる Banner Piolt 「Heart Beats Pacific」


ほんとうっに、お久し振りです。生きてました(笑)。

いきなりだけど、最近のお気に入りがコレ。
Banner Piolt「Heart Beats Pacific」
いや、これが本当に最高にRockしちゃってます。
もう、トップからやられます。
去年かな?今年の初めかな?に視聴して即買って、それ以降でこれを超えるアルバムは全くなし。アーティストではThe CULTとかRockなフェイバリットは色々あるけど、単品のアルバムでは本当に今までの人生(大げさやね)の中でも上位に入るほどの見事に粗いドライヴィンロック!。もうホントにドライブしまくり。最近ではBlack Rebel Motorcycle ClubLittle Barrieがお気に入りだったけど、今はもうダントツこれ。パンクとかエモとかそんな細かいジャンル分けを吹っ飛ばす爽快な真性ロック、ぜひお試しあれ。
積もる話はまた今度ね(笑)。
# by biturbo93 | 2012-10-03 01:01 | MUSIC_ROCK
合掌 Ronnie James Dio
 色々なところでお悔やみも振り返りもされ尽くしているだろうけれど、ディオ(Ronnie James Dio)が亡くなった。
 ここでも、DioについてもBlack Sabbathについても色々と書いたことがある。以下は「Heaven and Hell」について書いたとき。ああ、もうかなり前だね。2005年だ。

「Heaven and Hell」について



 完全にヘヴィメタル・ヴォーカルの象徴だったと思うな、やっぱり。
何はともあれ、ただただ合掌です。

c0045049_11311899.jpg
# by biturbo93 | 2010-05-19 11:36 | MUSIC_ROCK
THE CULT LOVE LIVE TOUR JAPAN の Billy Duffy
c0045049_22503389.jpg 未だ興奮さめやらぬ、待望してた上に全く期待を裏切らなかった一夜限りのThe Cultライブですが、中でも私の大好きなビリー(Billy Duffy)の出来は素晴らしかったです。
 過去に栄光(The Cultはそんなに大きくはないですが...)のあるアーティストの場合、その輝いてた時期に比べて現在はヘロヘロなプレイで金をとっちゃうような人達も居るけれど、元々がスーパーテクを披露するタイプではなくそのコードセンスやフレーズのセンスが光っていたタイプのビリーは、どんなに熱い状況であってもその熱さをラフに表現することなくとても丁寧に弾いていて健在さをアピールしていた。特に今回のライブの見物であったアルバム「LOVE」の曲では普段演らない(と思われます)”Big Neon Glitter ””Hollow Man”でもかなりアルバムのプレイに忠実に本当に丁寧に弾いていた印象が強かった。いやぁ、自分自身もカルトではもちろん一番だしROCK全般でもかなり上位に入る大好きなこの「LOVE」再現は本当に嬉しい限りでしたね。ステージの切り分けとしては一部であろうと思われる「LOVE」再現では当時のように終始一貫ホワイトファルコンで通してた(多少高い弦のチューニングがブレていたのはご愛嬌)のも、やはりこのアルバムの曲達がいかに大切だったかを思わせてくれるようだった。The Cultではもちろん、この後のハードロック期からのファンの方が圧倒的に多いだろうが、自分にとってはリアルな時代からのこのアルバムの刷り込まれ具合は相当なものである。ビリーが次に弾くフレーズが全て頭に刷り込まれてしまっているのだ。だから、このライブは本当に素晴らしく感慨深いものがある。嗚呼、本当にDVDでもCDでも出してくれ〜。

c0045049_22504351.jpg そこから一転”Lil Devil ”で始まった後半のハードロックヒットメドレーのコーナーではグレッチに変わって殆どレスポールのカスタムを弾いていた。両方とも黒のカスタムだが、トップを剥がして白(かクリア?)にしたカスタムの方がどちらかというとメインな感じだろう。いやぁ、このblogでも再三レスポール愛を表現してきたこの私だが大好きなビリーのレスポール姿が目前にあって”Sweet Soul Sister”とか演られちゃったらもうそりゃあたまらんです。ここだけの話大合唱してしまいましたよ。このわたしが。
 どっちかというと、アルバムを丁寧に再現してた前半よりも二部のヒットメドレーコーナーではレスポールならではのガッツンとくるハードロックをエキサイティングに聴かせてくれました。ビリーもレスポールも本当のカッチョイイ。”Love Removal Machine”の後半のテンポアップの時のギターなんてもう最高、前から惚れてたんだけれど更に惚れまくってしまった感じ。ああ、Billy Duffy大好きです。ピック取りたかったぜい。

 とにかく、この日はハコも客も演奏も良かったという非常に希有なライブであって興奮もひとしおというワケなのです。はい。
# by biturbo93 | 2010-05-16 23:31 | MUSIC_ROCK
- THE CULT LOVE LIVE TOUR JAPAN -
いやいや、そりゃもう本物のRockでした。
c0045049_23111457.jpg


というワケでホントご無沙汰のBlogを書くわけになったのは、そりゃもう
書かずにはいられなかったから(笑)。いや、もうホントこのLiveを書かず
に死ねるか!!という感じ。
 
 結構早くに新木場STUDIO COASTに着いた。しかも、今日がイアンの誕生日ということを途中で知る。いや、なんでこんな1DAYライブをやるんでしょ。わざわざ。観光ついでか?(笑)といぶかってしまうくらいの突然の来日。しかも木場STUDIO COASTという小さめのハコじゃ小遣い稼ぎにもならないんじゃないのと要らぬ心配をしてしまう。ホント、余計なお世話なのだけれど。
しかし、開場前に殆ど人が居ない。大丈夫なのかな?1DAYでもコレなのか?カルトの現状は。
 結局、開場後もさして人が増えず、最初は殆どビリー側最前列に陣取るも疲れそうなので、一番後ろの壁際のイスに座る。が、ここからもステージは丸見え。人なんてフロアの前の方にまばらに居るだけだ。ありゃりゃ。しかも、開演10分前でも半分も埋まってない。またありゃりゃ。しかし、トイレがてらに見てみるとバーの方にはなんかウジャウジャ人が居るし外人率が非常に高い。さっきからガタイがいいオッサンが多いなとは思ってたが外人がウヨウヨだ。こんな、外人率の高いライブってないんじゃないか?。そんなヤツらが開演時間がきたらウヨウヨとフロアに集まって来た。おお、冗談じゃなく3分の1以上いるぞ、ガイジンさんが。しかも、フロアにジャバジャバビールを持ってってるし、バーじゃなくフロアにタバコくわえて下りていくガイジンのオッサンや金髪のオネエサン(若くはない)も。ちょっと普通のライブとは勝手が違うのかスタッフも困り顔。ココは臨時英国コミュニティと化してしまった。

 ちょっと時間が過ぎたけど、SEが始まりやっとThe Cultの登場だ。フロアもこの頃にはかなり埋まってる。ホッ。初っ端”Nirvana”から、なんとアルバム「LOVE」の曲順に全て進んで行く(だから、LOVE LIVE TOURだったのね)。ちょっと前にザクザク出たライブアルバムにも”Nirvana”は入ってなかったんでそりゃあもう大喜び。アッシは。結局フロアの後ろのコンソール脇から見てたけど、勝手に盛り上がってしまう。しかも、今日のサウンドは凄く良い。ビリーのギターがとても丁寧にしかしアグレッシブに弾かれてる。ライブCDより全然いいじゃん。ギターの音もイカしてる。「LOVE」でのキンキンさもあるし、それぞれの弦の音が良く聴こえてくる。クーっいいなあ。そして、短髪でちょっと前より精悍さが増したように見えるビリーは本当にカッチョイイ。やっぱり、Billy Duffy大好きです。長髪より絶対カッコイイね。ホワイト・ファルコンもカッチョイイ。
 そして、イアンは...。声は出てるね。イアンの歌もライブCDより全然いい。でも、その姿は...。ふ、太い。幅も厚みもある。なんか、き、汚い。ウウン、ここがカリスマになりきれないとこか。でも、とてもRockを感じる。スティーブンよりミックよりデビカバよりもやはりこのIan AstburyはホンモノのRockだ。パンクだったりハードロックだったりと周りの見方は変わってもこの人は一貫してRockだ。ああ、アッシにもタンバリン投げて〜(笑)。(ちなみに今日はタンバリン大盤振る舞いで投げまくり)

 ”Rain”も盛り上がったが前半「LOVE」全曲コーナーで一番盛り上がったのはなんと”She Sells Sanctuary”。いや、いい曲ですけど。しかし、この大好きなアルバムを曲順どおり全曲聴けるということはなんと喜ばしいことか。今日、ホント来て良かった。このライブをCDで出してくれよ、ホントに。

 そして、後半はもう全部ヒットメドレー。「LOVE」以降のシングルカットをもうバンバン聴かせてくれちゃった。あれ?でも”Edie (Ciao Baby)”は演らなかったな。この前のアルバムで一番カッコ良かった”Dirty Little Rockstar”も演ってくれた。これもライブCDに入ってなかったのでとても嬉しい。ちょっと「アリガトウ」や「ゲンキ?」「オツカレサマデシタ」なんて日本語がしつこかったけど、イアンも結構ちゃんと歌を歌ってしかも声も出てた。最期の”Love Removal Machine”はメチャメチャだったけど(笑)。まぁ、この曲はもともとアハハハ〜ンだから良し。
 そして、フロアのガイジン達は騒ぎまくり上半身脱いで(夏フェスじゃないぞ)ぶつかりまくるわガンガンとバーからビールを運びまくるわで、ちょっと英国パブでのライブってこんな感じか?と思わせてもらってしまった。いや、楽しかったよ。そばじゃなかったから被害無かったし。

 いやぁもうホント良かった。見られて良かった。久々にホンモノのロックを見ましたよ。
イアン誕生日おめでとう&ありがとう!。
# by biturbo93 | 2010-05-15 00:05 | MUSIC_ROCK
一夜限り!!
来るのか?!来るのか?!
果たしてチケット取れるのか?!

大期待!。
# by biturbo93 | 2010-03-24 11:33 | MUSIC_ROCK
iPad
なんか、どでかいiPod touchに見える。
c0045049_22293163.jpg


もうひとひねりほしかったなぁ。
実物を持ってみないと判断しかねる。
# by biturbo93 | 2010-01-28 22:30 | other
若き3大ギタリストの一人とな...? John Mayer
ん?輸入盤のみ?
John Mayer 「Battle Studies」

 若き3大ギタリストって、このJohn Mayer(ジョン・メイヤー@イケメンぶって女癖悪し)と、John Frusciante(ジョン・フルシアンテ@汚いよね)と、Derek Trucks(デレク・トラックス@全くもって納得)の事をいうらしい。ふーん。なんか、半ば最初っから神格化された元祖3大ギタリストに比べて大分リーズナブルな感じになっちゃうわけね。まぁ、テクニック的(John Fruscianteも?)には確かに一線を超えてるのだろうけれど、3大ギタリストというからにはその弾き姿立ち姿だけでもある種のカリスマ性が欲しいと思うのはやはり中年のつぶやきになってしまうのか?。

 まぁ、3大ギタリストの事はさておき、John Mayerのこの新作はまだ国内盤が決まってないようだけれど、今までよりもなんか肩の力が抜けていて凄くいいアルバムに仕上がっている。John Mayer Trio等のブルーズがかった渋く弾く頻度が高いプレイを期待して聴いてしまうと肩すかしを食ってしまうし物足りなさを感じる向きも多いかもしれない。ブルーズというよりカントリーっぽい部分も多いし、かなり”弾いてる”パーセンテージが低い。いや、だからといって”歌”に比重を置いているかというとそんな歌う事に力が入っているわけでもない。そう、この前のLindsey Buckingham(リンジー・バッキンガム@大好き)の「Under The Skin」のようなそんな力の抜け方をしている。さすがに若さゆえあそこまで枯れてはいないけれど。でも、数少ないながらも”弾いてる”部分ではさすがに唸らせるというか”分かっている”プレイを聴かせてくれる。そう、前面に押し出してこないだけで、ギターは今まで以上に歌わせているような気もしてくるのだ。渋く唸るような部分は全くもってなりを潜めているけれど。
 だから、一歩間違えるとイージーリスニングの世界にいってしまいそうな気もしてしまう危うさはある。そう、あのPeter Frampton(ピーター・フランプトン@でも大好き)のようにね。しかも、本国では初登場1位だったらしいし(なぜ、日本盤の発売が決まらないのだろう?)。


 あ、3大ギタリストの話に戻ると、John Mayerの場合は実際に自身で歌えてしまう部分も含めて役回りとしてはEric Crapton(エリック・クラプトン@好きにはなれない)なんだろうなぁ。このリラックスしたアルバムでもちゃっかり”Crossroads”(しかもロバート・ジョンソンでなくてクラプトン版)を演っちゃってるし。浮くほど力入れてないところが暑苦しくなく気軽に聴けて違和感はないですけれどね。

 

 でも、軽く作った感が強いこのアルバムでもさらに売れて、ますます浮き名を流す気かな?。いやはや、羨ましい(笑)。
# by biturbo93 | 2010-01-18 22:40 | MUSIC_BLUES
Wes Montgomery 「Bumpin' On Sunset」
ちょっと軽過ぎるけど...
Wes Montgomery 「Bumpin' On Sunset」

 あの親指テクニシャンWes Montgomery(ウェス・モンゴメリー )が、Jazzの世界から少し前に踏み出してイージー・リスニングを演ってしまったこのアルバム。おっと1967年の盤らしい。でも、この1年後には殆ど原因不明(今程情報の早くない昔の高名なアーティストにはこういうの多いですね。未だにロバート・ジョンソンなんて真相を追ってる人も居るようですし。)

 それまでのJazzアルバムファンには日和った感じに聴こえてしまったのかもしれないけれど、そんなマニアックなファンの思いとは裏腹に結構売れたらしい。もちろん、今となってはそんな話は本から得た知識でしかないのだけれどね。

 昔のポール・モーリアや、最近(でもないけど)のケニー・Gなんかを含めて殆どこのテの音楽は真剣に聴き込めないし、そんなに気合いを入れて聴くものでもない。もちろん、オクターブ奏法(今や日本のRockギタリストはかなり多いですね。特にエモっていうかパンクっていうかそこらへんのバンドに)で名を上げたそのテクニックは良く聴けば凄いんだけど、ヘヴィなJazzと違ってギターという楽器のパーセンテージの少ないこのテの音では、そんなテクニックも前面には出てきていないから、そんなに入れ込んで聴く事は出来ないし。ただ、いつもいつも真剣勝負で聴くのも疲れてしまうし、TVもつけたくないような時にこういう風(見えないけど)に、キーボードを打ちながら聴くにはそんなに悪くない。しかも、さすがに一般に受け入れられたようにこのアルバムにはそれ以前のスタンダード・ポップスが満載なのでメロディー的にすんなり流れて行く感じがするし。トップチューンからしてビートルズだし。




 とか、思ってたら7曲目の”Impressions”なんかは超絶なJazzインプロだった。いや、すげえなぁ、これ全部親指ピッキングかよ。恐るべし。


 というワケで、たまにはこんなのもいいかも。
(って、音楽ネタはほぼインプレッションになっちゃってますね。只のインプレッションとかじゃなくてもっとリアルな音楽ネタで続けたかったんだけど....ね)
# by biturbo93 | 2010-01-07 23:26
Gibson Dusk Tiger
c0045049_14203861.jpg


いやぁ、色々と出すけれど、後世に残るモデルって難しいのね。
Gibsonで言うと、lespaul(SGも)以外はワリと変形ギターばっかりで
派生だったレコーディングやザ・ポール(意外と好きでした)とかは消えて
しまいますからね。半ば初期から完成されていた部分もあるから本当に難しい
デザイン領域ですね、ギターというのは。

 っていうか、それ以前にピックガードを含めてこのデザイン&木じゃなきゃ
いけなかったのかな?デザインも必然性も見えないから残りにくいと思うのに
な〜...。
# by biturbo93 | 2010-01-03 14:26 | Sports
あけましておめでとうございます
今年も昨年同様ポチポチ書いていきます。
# by biturbo93 | 2010-01-03 14:19 | other