Everyday I Write the Blog?
by biturbo93
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
”21st Century Breakdown” Green Day
これもちょっと、”らしく”ないかな?
Green Day 「21st Century Breakdown」

 Green Dayの新譜をいつものタワーにてゲット。さすがに自分にとってのヒーローという世代ではなく丁度今頃30近辺の方々のヒーローということになるのだろうか?。ということは自分にとってのコステロ師匠という位置づけか?。
 しかし、あの”Basket Case”から早くも15年!!。ひととおりRockを聞き飽きてしまったあの頃からもう15年か!!。自分の中ではGreen Dayなんて、まだまだペーペーの新参バンドだと思ってたらもう15年選手とはいやはや恐るべし歳月の流れか....。

 ということで、最近出て来るバンドなんかよりも全然下っ端感が漂っていたGreen Dayも3部構成のロック・オペラ的なアルバムを作るまでに至ったらしいが、そんな難しい聴き方なんて必要があるわけない。リスナーからしてみたら良い曲がどれだけあって良いアルバムに仕上がっているかどうかが大事な事だ。しかも、コンセプト・アルバムなんて本人達にイデオロギーがあったとしても、ジャンル的に全く似つかわしくないだろう?と思って聞いても「あれ?」とところどころ思わせる大人びた部分(なんか作品になってる)がある。さすがに彼等にとっても歳月は流れているということか?。

 さすがにこの時代のアンチ・ヒーロー的存在を大手をふってリスペクトするような事はないが、馬鹿みたいにストレートだった部分がこなれて引き出しも広がってバラエティさが出ている部分はちょっと楽しめる。但し、根っからのパンク寄ファンには度量が広がった部分が逆に疾走感が欠けて軟弱だと敬遠する事があるかもしれない。
 とはいえ、新しくてアングリーな若いバンドがドンドン出て来るから、Green Dayが少し大人びたってそりゃあいいんじゃないの?。まだまだ”らしい”部分はいっぱいあるし。
by biturbo93 | 2009-06-13 14:59 | MUSIC_ROCK
<< 黙祷 Michael Jackson MH BEATS IE >>