Everyday I Write the Blog?
by biturbo93
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
ツバキハウスでびっくらこ HEAVY METAL NIGHT
ACCEPT Restless & Wild
はい、以前に高校生時代にツバキハウスへ潜入してビックリした話しを書きましたが、その中でもさらにびっくらこな話しを。高校2年生か3年生になって、たまにはロンドンナイトにも顔を出すようになった頃、ヘビメタナイトは相変わらずのハードコアな状況でした。しかし、DJが酒井康氏や伊藤MASA政則氏であったことから、わりと様式美あふれるヘヴィメタルの方が多かった感じですかね?。一応、未成年なのでコーラなんかを飲みつつ大音量に慣れた頃にそれはやってきました。DJから「ドイツが誇る真性メタルバンドのACCEPTから新録テープが届いたのでラジオよりもアルバムよりもここに居るみんなにイチ早く聴かせちゃおー!」みたいなノリで、「こいつは次のアルバム、期待していいぞおACCEPTで「Fast As A Shark」!。ほほー、ACCEPTかあ、今まで全然聴いたことないなあ、とハードロックが好きなエセヘヴィメタル少年が耳をそばだててると......いきなりガーっとはいかずになんかドイツ民謡(すんごいノイズまじりの)みたいなのが流れ出して、アレレ?と思う間もなくギャギャギャーッとレコードの針がこすれるような音の次にギャアーっという耳をつんざく悲鳴!。と思うといきなりヘヴィなギターリフが始まり、ドタドタとツーバスの音が炸裂!!。しかも、殆どツーバスの嵐!。サビだけなぜかワンバスになるのにAメロ等の後ろも全部ツーバス。しかも、ツバキの大音量なんでホントにびっくらこ!。フロアのお兄様お姉様方はもう狂喜乱舞して頭を振りまくっております。ツインリードはワリとメロディアックながらもJudas Priestを一回り太くしたような声のVoとその後ろの演奏の勢いにたじたじというより言い知れない程のショックを受けました。だって、Judas Priestはまだ「Screaming for Vengeance」を出しておらず(確か?)、スラッシュメタルやデスメタルなんてものが世に出てくる前のお話。こんなハード(ヘヴィメタル)な曲聴いたことないぞ、というとにかく驚きモード。友人と一緒に帰るときにアルバムの予約をすすめて、友人購入を待ち構えていた(セコイ!)覚えがありやす。
 ただ、単純にもう1回その凄さを聴いてみたかったのです。で、早速借りて聴いてみるとまざまざとあの夜のツバキハウスでのびっくらこを思い出します。これこそヘヴィメタルだよ、って感じで。とにかく、それまでのアッシにとってのHR/HMに対する概念を改めさせた佳曲です。さすがにアルバムぶっ通しでこのウドの声聴くと疲れてしまうけれど(甘いのかな?)。
by biturbo93 | 2005-04-19 23:19 | MUSIC_ROCK
<< 疾走当たり年 Iron Fist 80年代思い出の1曲#6 じゃない? >>