Everyday I Write the Blog?
by biturbo93
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
器用は貧乏?
ALDO NOVA 「ALDO NOVA」
今年に入ってからブログを始めたくせに、過去に書いたネタかどうかを一生懸命自分のブログを見返してしまうというボケ気味な行為にうんざりする今日この頃です。もう歳なんですよねえ。といって今までに書いてないことを確認したそのネタはALDO NOVAですよ。ええ、アルド・ノヴァ。80年代MTV創世記にデビューながらに売れてしまったアルド・ノヴァですが、果たして現在の洋楽ファンにどれほどの認知度があるのでしょうか?。正直言いましてアッシの認識では一発屋です。それもシングル”Fantasy”での一発屋。MTVで見た記憶もこれ1曲きりですな。しかししかし、このデビューアルバムはなんと、全米トップ10以内に入るほど売れてしまったみたいですよ。確かにその当時のハードポップ流行りに乗ってしまったのか、本人も一番驚いてしまったでしょう。本当に最初に聴いた以降、印象に残らなかったので、そのあとでボンジョヴィが参加したアルバムを発表したとかいう話もあとからネット検索にて知った次第であります。しかも、ボンジョヴィの1枚目にも参加していたらしい。
 さて、話は逸れますがカナダ出身のアーティストってどうなんでしょう?。アッシにとってはROCKを演ってはいてもあまりハジケきれない印象が強いですね。ROCKの持っているアグレッシブな部分をあまり感じない。そう、ROCKの魅力のひとつであるワルな部分が感じられないんです。NYパンクのように多少陰鬱で殺伐としたNYしかり、陽気ながらも不良さを醸し出す西海岸しかり、ワイルドな西部しかり。しかし、カナダという土地柄なのかそこから輩出されるアーティストにはあまりROCKのそういう面を感じないのですな。ブライアン・アダムスしかり、ハートしかり、ラヴァーボーイしかり。いや、楽曲的には素晴らしい作品を数々作ってはいるのですが、ドッカーンなROCK、ビンビンブインブインなROCKじゃーない。どちらかというとまとまっちゃてるというか、優等生的というか。
 と、ひとくさりカナダ話をしたようにこのアルド・ノヴァもカナダ出身です。モントリオール。この人がデビューした時がセルフプロデュースだったこともあり、最初からマルチ・アーティストという紹介をされてました。確かにかなりの楽器を自分でこなしてたような気がします(今、手元にアルバムが無いので分からない)。しかし、見た目もいたって普通であり、とれたてて爆発的にしかもデビューから大売れしてしまう要素はあまり感じられないのですが、確かに楽曲はハードなギターの上に分かりやすいメロディでしかも歌のバックはハード過ぎないので、ハードポップとは呼ばれてもハードロックやヘヴィメタルとは受け取られないだろうし、その範疇でくくられなかったところがアルド・ノヴァの上手かったところかもしれません。あざといと言っても良いかも知れません。
 その出世作であるMTVヘヴィローテーションだった”Fantasy”はシンセサイザーの効果音が長々(ホントに長い)と続いてから歪んだギターでイントロが始まるんですが、ここらへんが幾分いわゆるスペーシーな感じです。バックの演奏も全くバンド(バンドじゃないけど)らしさの微塵も感じられずに無機質な印象。ギターの音も生々しさが感じられない加工臭プンプンな音。そして、サビもギターに重なるピコピコなシンセ音もちょっと余計に感じるところがあります。アメリカのチャートっていうのはわりと不思議な感じで、アイドルでも非常に歌唱力を要求されたり、ベテランでもちょっとハズした曲を書くと名声だけでは居座れない厳しさもありながら、え?なんでこんな人工的なROCKが売れちゃうの?ということもしばしばです。アッシにとってはまさにこのアルド・ノヴァがそれ。だけど、売れちゃったんです。


 さあ、今はなにをしているやら。


なんか。サッカー見ながらえらく時間がかかってしまった。



追記:悲しいことにTB先もないよ。寂しいなあ,ALDO NOVA。
 
by biturbo93 | 2005-06-03 23:53 | MUSIC_ROCK
<< ドラマーなのに大人気 MTV セレクト #4 Fra... >>