Everyday I Write the Blog?
by biturbo93
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
やはり傑作! 「On Earth As It Is In Heaven」
c0045049_4375098.jpg
c0045049_4383330.jpg



(しかし、懐かしくて泣けるロゴだな)
やはり最高でした。入手したCDの状態があまり良くないので、継続して捜索中なのですが、このANGELの3枚目にあたる「On Earth As It Is In Heaven」はやはり、最高です。とにかく楽曲パターンがバラエティに富んでますが、一貫して音はあの音なんでANGELはANGEL。良く出来ている。素晴らしい、というか素敵です。


このバンドはKISSで一山当てたカサブランカレコードの鳴り物入りで登場したバンドなのですが、その一つ間違えれば(間違えなくても?)色物と捉えられてしまう外見とはうらはらに、キャッチーな部分が少なく非常にプログレな音楽だったんです。たぶんにキーボードのGregg Giuffria(ジェフリアを作った人)の個性が強いバンドだったんですが、段々とギターのPunky Meadows等の意見が強くなるにあたりギターの割合によるROCK度合いやポップさの導入があって、それらが一番良いところでバランスがとれてる(というかごった煮)のが、この3枚目なのです。

c0045049_549485.jpg特に素晴らしいのが当時のKISS以上のハードロックさを聞かせてくれる”Cast The First Stone”はリフがカッチョイイ!。グレッグのキーボードの入り方もどことなくディープパープルを彷彿とさせるイメージとなってます。さすがにパンキーのギターはリッチー先生とは比べるべくもないですけれど。一応、ギターソロにはなってる(笑、失礼)。
”White Lightning”は殆どZEPですがな。この曲はキーボードがメインで割り込む余地もないほどのミドルテンポのROCKナンバーでギターソロも音量が小さいながらもなかなかイカしてます。そこにはムリヤリキーボードが絡んできますがそれは余計ですね。”Just A Dream”は殆どグレッグ先生の独壇場です。世界をしっかり作ってる、というか、きっとELPみたいのをやりたかったんでしょうね。

c0045049_5545756.jpgもちろん、シングルカットして来日前にヒットした”That Magic Touch ”もありますが、アルバムから見れば非常に違和感ありありのメジャーナンバーですが、この曲展開やプロデュースは素晴らしいです。真性ANGELファン(ていうのが居るか知りませんけれど)から何といわれようと、この曲こそANGELの集大成であり存在価値であり個性だったと思います。こんな曲はANGELにしか演れません。ローリー寺西の人生を狂わせたワケも分かります。
 という感じで、ほんとに全てがギリギリのバランスでなかなか興味深いアルバムです。これ以前だとプログレ過ぎちゃうし、これ以後だとポップ過ぎちゃうと。

しかし、原盤がどこにあるのか知らんけれど、このアルバムこそ(ANGEL全部だけど)リマスターで出していただきたいものです。なぜかベスト盤では3枚目のアルバムからの曲が少ないし。


c0045049_4373813.jpg

by biturbo93 | 2005-07-29 23:35 | MUSIC_ROCK
<< バルサ行きました。 ええい!懐かしさついでだ! A... >>