Everyday I Write the Blog?
by biturbo93
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
検索
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
今までに一番見たかった
ふと、思いました。
今までに一番見たかったライブってなんだろう?。

もちろん、日本に住んでては行けるライブも限られます。
最近で言えば、クリームの再結成も見たかったし、ライブエイドだって生で見ると全然違ったんだろうな?と思いますよ。例えばAC/DCのドニントンだって、たとえアンガスが豆粒だったとしても、その場に居るという雰囲気は全然違うでしょう。基本的にROCKバンドだったら、いくらスタジオ盤が良くてもライブを見なきゃ本領は分からん!というタチなので、余計にライブには思いも強いです。ただ、勢いは一過性のものと思ってるしその瞬間の感動の方が大事なので、ライブアルバムってのは基本的にあまり好きではないのですよ。

 で、そのライブですが来日コンサートで言えば、結構美味しいところは見てる(KISSの初来日とかも)ので、悔やむのはヴァン・ヘイレンの初来日くらいでしょうか?。と、思って考えたら、ありましたありました。すっごく見たかったライブが。日本では絶対に実現しないであろう、凄いヤツが。
c0045049_0491499.jpgそれが、2003年8月から12月までアメリカ本国のみで行われたKISSとAEROSMITHのJOINTツアーでした。これは本当に夢のようなツアーだったと思います。未だに財産はたいても見とけば良かったと思う事しきり。それぞれは来日コンサートで見た事ありますが、ジョイントでの濃密度ったらそりゃもう凄かったらしいです。一応、ダブルヘッドという形だったらしいけれど、どっちもライブには自信のあるバンドだし、それぞれの単独ツアーよりも時間も短くかつお互いに盛り上がりでは負けられないという気合いの入った状況だけあっての相当な濃さだったのではないか?と。

c0045049_0501245.jpgキッスに比べ一度死にかけたエアロスミスですが、復活してからの方は大ヒットも連発して過去の差を吹き飛ばす程の売れ方なので、キッスの方が前でエアロは後。昔を知ってるファンにとってはそれぞれ感慨深いものがあるというか時の流れを感じない訳にはいかないでしょう。大体、初期の時点でジョー・ペリーはカッチョイイよ!とか言っても殆ど誰も相手にしてくれませんでしたし。(日本ではリッチー先生のように、スゴさが分かりやすくかつしっかりした技術の方が受け入れられやすいという傾向がありまして、本当のロケンロールが受け入れられる土壌が出来たのは最近のことのような気がします)
 そんな大御所2バンドのジョイントなんてフェス以外では到底考えられませんでしたし、ジョイントのまま50カ所以上も回ったなんて本当に夢以上の話です。(ああ、思い返す度になんで行かなかったんだあと悔やみが絶えませんです)

 その当時の雑誌をめくってみると、それぞれのセットリストは以下のように。(50カ所あるので場所によっても違うでしょうけれど)
KISS
1.Detroit Rock City,2.Deuce,3.Shout It Out Loud,4.Lick it up,5.Do You Love Me?,6.Let Me Go, Rock 'n Roll,7.Firehouse,8.I Love It Loud,9.I Want You,10.God Of Thunder,11.100,000Years,12.Black Diamond,13.Rock And Roll All Nite

AEROSMITH
1.Let The Music Do The Talking,2.Toys In The Attic,3.Love In An Elevator,4.Pink,5.Jaded,6.What It Takes,7.Never Loved A Girl,8.Stop Messin' Around,9.Baby Please Don't Go,10.Dream On,11.Adam's Apple,12.Nobody's Fault,13.Cryin',14.Walk This Way,13.Sweet Emotion,14.Mama Kin
くー!行きたいでしたねえ、たまりませんねえ。キャリアの長いバンドなんでもっともっと聞きたい曲もいっぱいあったでしょうがそれは単独ライブで満足させるとして。しかし、KISSもバラードもないし、”King Of The Night Time World”も無いし、エアロスミスなんて出し惜しみもいいことに”Back in the Saddle”、”Draw the Line”というツボはずしまでしてしまう始末。いやいや、それは置いておいて、やはりキッスが”Detroit Rock City”、エアロが”Let The Music Do The Talking”というオープニングなんて本当にチビリものです。ああ、ああ(泣)。

 しょうがない、ブートレグで我慢しましょうか。

 (それにしても、星条旗レスポールはカッコ良いですねえ、ペリーさん)
by biturbo93 | 2005-08-22 23:43 | MUSIC_ROCK
<< まとまりすぎだよ、ギルス君 Elvis Costello ... >>