Everyday I Write the Blog?
by biturbo93
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
まとまりすぎだよ、ギルス君
初体験はなかなかエキサンティングだったのにねえ......。
Night Ranger 「Dawn Patrol」
”Don't Tell Me You Love Me”をシブガキ隊の”ぞっこんLOVE”でパクっちゃった、なんて話も今は昔のナイト・レンジャーです。
 結構なテク持ち面子が集まってヘヴィメタはやりのご時世にハードロック(ハードポップ?)を演った結果、最初はそこそこ売れましたがどんどん尻すぼみとなっていってしまったようです。確かにヘヴィメタブームが終わって、そんなテク持ちレベルではすまされないバカテク連中が雨後の筍のようにこの後に出てきたので、それに対抗するテクも楽曲もインパクトも薄かったということでしょう。

 8本指でのタッピング(今はそういうらしい)奏法やフロイドローズでのアームアップ等結構話題にはなったんだけど、どこか楽曲もトリッキーさも中途半端感が拭えませんでした。残念ながら。いや、ハードなポップとして悪くはないんだけど、なんか突き抜け感に欠けるかな、と。B級です。しかも、同じB級認定なチープ・トリックほどストレートR&Rが徹底しているワケではないから、ずーっと聞き続けるのもなかなか難しい。チープ・トリックってB級ながらも”Dream Police”や”Surrender”等スタンダードになり得る部分もあるから、リスペクトしてる層も結構いると思うんですよね?。ナイト・レンジャーはこじんまりとまとまっているけどそこまでじゃあないんですね。多分、時代は古いけどアッシの愛するRIOTと同じ類いかな?。いや、RIOTはアッシみたいに熱狂的ファンがいるだけイイかもしれません。(もし、ハードロックファンでRIOTを聞いていない人は必ず1〜3枚目は聞かなければいけません。ほぼ義務です(笑))

 そんな印象のナイト・レンジャーですが、その中心のブラッド・ギルス(Brad Gillis)君に関してはこのバンドを始める前はすっごく好印象だったのですよ。確かサンプラザでのOZZY来日コンサートが初めての遭遇ですね。ランディが亡くなって落ち込みつつ期待を無くしつつ出かけて行ったアッシにオープニングの”Over The Mountain”からいい意味にて裏切られたんですよ。さすがに代役になって短期間だったため、フレーズ的にはランディの完全コピープラスくらいでしたが、その演奏の安定感に加えて、時折はさみこむトリッキーなアーム使い。結構エキサイティングでしたよ。あのままOZZYのもとで昇華するものと思いきや、ナイト・レンジャー結成ということで期待してたら、悪くはないけどワリと大人しくまとまっちゃってつまらんかった、ということです。まあ、本人が演りたいのはナイト・レンジャー的ポップだったのかもしれませんが、あのマッチョな身体から溢れ出るガツンガツンなフレーズでもっともっとハジけたハードロックを望んでしまうのも仕方ないでしょう。

 なんといっても初体験はエキサイティングだったんですから。


c0045049_2147177.jpgしかし、年季入り過ぎだな、このギターも。
by biturbo93 | 2005-08-24 21:51 | MUSIC_ROCK
<< 携帯テスト 今までに一番見たかった >>