Everyday I Write the Blog?
by biturbo93
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
引き続きというかフォロー(?)というか
The Michael Schenker Group 「ONE NIGHT AT BUDOKAN」

 昨日書いたMichael Schenker Group(というかソロですよ)がブームの後押しもあってヒットして1枚しか出してないのに来てしまった武道館。もちろん、アルバムでの完成度は期待しないながらも行ってきました武道館。やっぱり厳しかったです。ヘヴィメタル(というかハードロック)から抜け出せそうな気配まで醸し出したアルバム(ヴォーカル以外は)だったのに、そのコンサートは全くのハードロックバンド。しかも、緊張感全くないまるでレインボーを見てるようなその光景にガックリでした。結構、その後のコンサート通いに悪影響を与えたかもしれません。
 いや、もちろん”そこでマイケル@神がギターを弾いている”というだけで良いファンもいるのかもしれませんが、元々見て楽しいギタリストではない(ノン・パフォーマンス)上にパーマネントなメンバーのくせに急造なせいかスタジオ・ミュージシャンの集まりであったアルバムを超えるなんてわけはないだけならまだしも、こうやってライブ盤として残されれば一目瞭然な単純なまとまりの悪さ=ノリ(ドライブ感がない)の悪さでリスナーとしてノれない場であったんです(コージー・パウエルなんてスタジオ・ミュージシャンみたいなものだからもうちょっと頑張って欲しかった)。回りを見れば黒ライダースな群衆が盛り上がってましたが、自分的にポツンと冷めておりました。多分、アッシが行った日がたまたまハズレだったワケじゃないと思いますが。
 
 という形であくまでマイケル自身が望んだのは最初のアルバムのような形(その時々の旬のミュージシャンに緻密にバックアップしてもらう)だったと思うのですが、なぜかパーマネントなバンドを背負う事になって、この後迷走していくんですよね。(もちろん、飛翔伝説とかのネーミング自体既にダメなんですけれど)


 但し、いくらストライクなギタリストではないといえ彼が弾く世界はキッチリとあると思うので、聴いてなかった最近の音源を聴いてみようかな?とふと思ったのであります。(フォローにはなってないな)
by biturbo93 | 2005-10-03 23:26 | MUSIC_ROCK
<< 正真正銘これがHEAVY RO... "神" は... >>