Everyday I Write the Blog?
by biturbo93
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
正真正銘これがHEAVY ROCK!! THE STOOGES
Iggy & The Stooges 「RAW POWER」
本当にこれこそHEAVY ROCKと呼ぶのにふさわしいアルバムです。パンクの原点、ハードコア、グランジの原点と言われて久しいIggy & The Stoogesですが、このアルバムの発表はなんと、1973年です!!。そりゃ、その時代でハード・ロックの雄と呼ばれていたZEPやパープル、ブラック・サバスなんかより轟音かつ暴力的でいてハジけ方が全然違います。1973年と言えばJEFF BECK大先生ならBB&Aフェイセズウィッシュボーン・アッシュ全盛時代でQUEENなんてやっとデビューという時代ですよ。この時代、ハード・ロックといったある種様式美を持たずに単純にガンガンとヘヴィに突き進むというのはこのIggy & The StoogesかMC5かって感じなんですが、そんなこと書いてるアッシももちろん後聞きの世代です(但し、聴いたのは70年代ですが(笑))。
 既にパンク旋風が吹き荒れてる頃にそのルーツ的噂を聴いてアルバムを聴いたのですが、もう最上級にカッコ良く感じましたね。もう、こういう理屈抜きにストレートなのは大好きですよ。それ以降にこのテのカッコ良さとしては、Motörheadや、Lords Of The New Churchや、ちょっと毛色が変わるかもしれませんがTHE CULTなんかのストライクがありました。パンクっぽさが少なからずある部分に惹かれてるのかもしれません。ま、基本的にストライク・ゾーンはめちゃめちゃ広いのですけれど(笑)。

 もう歪みというか下手すりゃノイズレベルのギター音も非常に凄まじい。この音からすれば同時代のリッチー先生もアイオミおじさんもキレイなもんです。クリアクリア。この雑音の一歩手前的音も良いんですが、単調なリフではなくR&Rっぽさを感じさせるJames Williamsonのギターがまた良いんですねえ。ただ轟音をがなるハード・コアやスラッシュには惹かれないけど、こんな感じとかエディ・クラークみたいなエッセンスが入ると途端に惹かれちゃうのですよ。

 まあ、1曲目から”Search And Destroy”ですし、最後は”Death Trip”なんて曲名ですからやっぱり気分的には一発コークでもキメながらグワングワン聴きたいものです。いや、もちろんそんなものヤりませんけど(笑)。

 しかし、Iggy Popは1947年生まれと言うのに現在も筋肉質な上半身(見習わなきゃ)ムキ出しでまた The Stoogesと演るってんだから恐れ入ります。特に現役ミュージシャンにとってパンクルーツのカリスマなんじゃないでしょうか?。もっともっとこれからも突き進んで欲しいものです。
by biturbo93 | 2005-10-04 23:35 | MUSIC_ROCK
<< The Bee Gees 「... 引き続きというかフォロー(?)... >>