Everyday I Write the Blog?
by biturbo93
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
Royal Albert Hall: London May 2-3-5-6 2005
正直良かったとです。
CREAM 「Royal Albert Hall: London May 2-3-5-6 2005」

 3大ギタリストの中で言えば、クラプトンには一番思い入れもないですし、ブルースカヴァーの方が良く聴くくらいでアッシにとってはあんまりギタリストと言う印象がないんです。ええ、<
b>スローハンドと言われてもピンと来ないし、基本的に思い浮かぶのは歌モノばっかり(もち”Wonderful Tonight”は名曲と思ってますけど)。もちろん”Layla”にしたって白眉なのはデュアン・オールマンのスライドの方ですからね。
 そしてそして、このCREAMに至っては全くリアルタイムでないので愛聴した覚えもありませんのでもちろん思い入れも薄いもんです。出したアルバムが少ないので一通り聴いたことあるよ、くらいなもんでして、はい。

 という情けない前振りのような具合なんであまり期待もせずに(日本でそんなに話題になってましたっけ?)見たこのリユニオンのライブですが、結果から言えばなんか非常に良かったです。今まではCREAMなんてほぼ動いてる姿(古いものしかなく)も見ずにライブだってそんなに緊張感あるライブを聴かずにサラリと記憶にあるくらいだったんですし、ロートル再結成ということで今まで良い結果を見たことないので全く”とりあえず見る”というスタンスだったのに、正直楽しめました。

 クラプトンも最近のライブでは見れない程のギタリストっぷりを発揮してるし楽しそうだしコードの音もいつになく歪んでるし、結構なことです。しかし、ギターは往年の335やSGではなく黒のストラトでしたけれどね。でも、近年のクラプトンの中では特にギタリストとして良いライブだと思います。そして、ジャック・ブルースの痛々しいほどのヴォーカルも良いです。もちろん、ジンジャー・ベイカーのドラムも。3人が楽しくかつ真剣に手抜きなく臨んでる姿勢が非常に良く分かります。別に往年のCREAMと思わなくても楽しめるくらいの良いDVDに仕上がってますよ。しかも、カメラワークも下手な演出入れずにしっかりと演奏者を捉えてるし台数も豊富だし。CDで音だけ聴くよりは絶対にDVDの方がオススメですよ。とにかく、おじさん軍団張り切ってます。昔の確執がウソのようにはしゃいでるし。


c0045049_0295757.jpgしかし、いつも思うのは日本のホールクラスもこのくらいにオーディエンスとの距離が近ければ本当に一体感も緊迫感もあって良いと思うんですがねえ。これはCREAMならではの大人ファンだから許されるのでしょうか?。



CREAM/
Ginger Baker, Jack Bruce, and Eric Clapton

List/
I'm So Glad, Spoonful, Outside Woman Blues, Pressed Rat & Warthog, Sleepy Time Time, N.S.U., Badge, Politician, Sweet Wine, Rollin' & Tumblin', Stormy Monday, Deserted Cities of the Heart, Born Under a Bad Sign, We're Going Wrong, Crossroads, Sitting on Top of the World, White Room, Toad, Sunshine of Your Love, Spoonful (Alternate Takes), Sleepy Time Time (Alternate Takes), Badge (Alternate Takes), Sweet Wine (Alternate Takes), Rollin' & Tumblin', We're Going Wrong, White Room, Sunshine of Your Love
by biturbo93 | 2005-10-11 23:54 | MUSIC_ROCK
<< もちろん Very Best Babys... >>