Everyday I Write the Blog?
by biturbo93
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
Def Leppardの黄金時代
”Photograph”
 なんか以前にデフレパードに関して書いた時はガールの記事みたいになってしまいましたが、iTunesでプロモの整理をしていて懐かしくなったので、ちょっくら載せてみようかな?と。
本当はアルバムではソロ部分しか弾いてませんがちゃっかり、メインギターの座として目立つフィル・コリンはこの頃まだ髪はふさふさでした。
c0045049_052638.jpg

c0045049_054357.jpg

 この当時は、フィル・コリンはイバニーズ(どうもアイバニーズって抵抗ある)のデストロイヤーで3PUでケーラー付きですね。この頃はオリジナル・メンバーなのにワリと隅から動かないスティーブ・クラークはレスポールのスペシャルというギターからして地味なチョイスでしたね。もちろん、リック・アレンは事故前です。NWOBHMに心酔していたファンとしてはどうにも売れ線狙いなイメチェンに見えたかもしれませんが、元々アメリカを狙ってたこのバンドの方向性がフィル・コリン加入によって開花したってとこでしょうか?。このバンドに入っておとなしくなったフィル・コリンは自然とその位置が似合うように変わっていきました。

 そして、軽く時は流れて...
”Pour Some Sugar On Me”
既に押しも推されぬビッグバンドとなった彼等はやはりその地位にふさわしい音の貫禄も身につけます。そしてどんなビッグホールであろうとヘッドライナーというその自信はステージングにもその音にも現れています。そして、この頃のスティーブ・クラークのカッコイイことカッコイイこと。まるで自分の人生の残り時間を分かっているかのようなその見事なステージングとふっきれ方はトップにいるプレッシャーの裏返しだったのか、ギリギリのカッコ良さがありました。この曲も本当にスケールが大きい。
c0045049_06099.jpg

c0045049_061144.jpg

c0045049_062327.jpg

 フィル・コリンも相当薄くなってきてまして、手に持つギターはジャクソンのストラト系に変わりますが、個人的にはデストロイヤーやレスポールカスタムの方が似合う気がします。そして、我らがスティーブ・クラークはというとケーラー付きのカスタムという派手目に変わります。
 ボンジョヴィのような生まれながらの商業的グループと、売れ線を目指してローカルからコツコツほぼ同じメンツで叩き上がってきたサウンドは本当に心底の太さとスケールが違います。その意味でもスティーブ・クラークがいないというのはさみしい限りです。ホントに。
by biturbo93 | 2005-10-16 23:32 | MUSIC_ROCK
<< Tiffany かつては歌姫でした。 WHITESNAKE >>