Everyday I Write the Blog?
by biturbo93
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
検索
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
BOW WOW ”IN MY IMAGE”
日本のROCKで続けます!。viva! 山本恭司!
BOW WOW 「ANCIENT DREAMS 」

 BOW WOWと言えば、もうアッシが銀座NOWの木曜日を見出した頃から既に出てましたのでもう相当の古株ですよね。山本恭司もさすがに老けるってもんです。そりゃあKISSの初来日の前座も演ったんですからね。遠い昔のようですな。

 この「ANCIENT DREAMS 」 というアルバムは後でインディーズから出たBOW WOW時代のベスト集なんですが、アッシがBOW WOW中ベストと思われる”IN MY IMAGE”(なかなかライヴじゃあやらない)が収録されてます。
 
 実は「SIGNAL FIRE」とか初期モノが凄い好きで良く聴いてました。中でも”ELECTRIC POWER UP”なんかは非常にBOW WOWらしいというか恭司らしさに溢れてて良かったなあ。今、CDで入手出来ないのが非常に寂しい限りです。ぜひとも、リマスターして出して欲しいですなあ。そこらへんの初期モノと「HARD DOG」からさらにハードさを増したところとか出してもらえると絶対コンプリートなんですけどねえ(笑)。全然骨太ではないサウンドに歪んだギターで高音でこねくり廻す独特のフレーズ展開と変テコテクニックに溢れるところは本当にオリエンタルな特色だったと思いますよ。その後に出たラウドネスとかみたいに完璧に洋モノと対バン張れるぜ!みたいな意識は全くなく独自の世界を繰り広げあくまでもオリジナリティを掘り下げるところがスコンと抜けてて気持ち良かったです。で、その音の独特さと同様に売れ方も独特で平穏とはほど遠い状態だったとは思いますが(笑)。

 山本恭司というとYAMAHAの印象があって、SGだとかSFだとか最近使ってるなんとかという形のモデルだとかがイメージづいちゃってるようですけど、初期のBOW WOWを見てきたアッシにとっては光浩ともどもB.C.リッチ(イーグルかモッキンバード)の印象が強いですね。折しもなぜかアクティブ回路入りギター(当時の国産品ではメチャメチャ多かった)の代表格であり価格も当時非常に高かったスルーネックのヤツですね。すっごく憧れた記憶があります。同時期にAEROSMITHの2人も使ってたし、ジョー・ペリーが抜けた後のジミー・クレスポもリッチ・ビッチ使ってましたね。(だから未だにエアロというとリッチ・ビッチという印象が強い)
その後にヘヴィメタルの代名詞みたいになってしまいましたが、わりとスタジオ・ミュージシャンや玄人にも多かったんですね。

 いやあ、久々に最初の3枚くらいまで聴きたくなりましたねえ、再発しましょう!リマスターかけて。

 
by biturbo93 | 2005-11-02 23:30 | MUSIC_ROCK
<< Michael Jackson... Char 「U・S・J」 >>