Everyday I Write the Blog?
by biturbo93
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
その一発だけで Radiohead ”Creep”
Radiohead 「Pablo Honey」

c0045049_0202693.jpg色々な雑誌等でカリスマ扱いされているトム・ヨークに何の思い入れもないし、90年代以降に出たロックバンドにリスペクトする気も全くない(そんな中でもPearl Jamだけはなぜか好き)のですが、”Creep”に入る気合い一発のテレキャス轟音には負けました。U2のエッジの時もそうでしたが、こんなギターの入れ方があるんだあウーン単純にカッチョイイ!。てなわけです。そう、脱帽です。

 以前にも書いた気がするんですが、90年代以降のROCKって絶対的に能天気なだけじゃあなくて、時代背景もあってか非常に暗さ(=わかりにくさ=はじけにくさ)があると言うのが70年代から80年代をメインで聴いて来たオジサンの単純な感想なんです。NirvanaだろうがPearl JamだろうがこのRadioheadだろうがアッシから言わせればみんなそう。その兆候は80年代からあってU2が王道として受け入れられたところから既に始まっていたんだと思います。
 色々と音楽的要素も細分化されて、メインストリームには昔で言えばハードロックでもくくれてしまうような上記のようなバンドやエアロスミスみたいなバンドも入って来てハードロックというジャンルに至っては非常に技術的要素が濃くなっていってどんどんどんどん深いところに入り込んでしまう印象がありました。それでもそんなROCKの一般化によって今まで出て来なかったようなタイプのバンドが日本でも出て来ているので今はそんな暗い時代には思いませんが90年代当初はバブル崩壊と同様な、今までと違うROCKの台頭に戸惑ったワケなんです。っていうか頭が古くてついていけなかっただけなのかもしれませんが(笑)。そんなこんなでいっつも慣れ親しんだ70-80年代に逃げ込んでいるのでしょうか。

 それと、インターネットな時代になってさらに強く思うのがアルバムスタイルって既に崩壊しかけてきちゃったのかな?というところです。ネットで1曲単位での購入や自分でセレクトが簡単に出来るmp3プレイヤーの登場(既にCDでA面B面の面白さは崩壊してたけど)でさらにさらに曲単体での勝負の世界(しかもサイクルが短い)という感が強まってます。でも、そんなに悪いことばかりではなく、確実に音楽のチョイスが身近&簡単になっているのは有効だと思います。逆にそんな時代だからこそ、生のライブに接するのがより重要になるんでしょう。

c0045049_0203672.jpg と、Radioheadとは全く関係ないところで字が埋まってしまいました。いや、だから”Creep”は本当に衝撃的な佳作ってことですよ(笑)。ROCKファンにて名作とされる「OK Computer」「Kid A」にはない剥き出しのROCKがそこには確かにありますから。

 
by biturbo93 | 2005-11-17 23:30 | MUSIC_ROCK
<< Lizzy + Rainbow... やはり、これだな。 Georg... >>