Everyday I Write the Blog?
by biturbo93
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
検索
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
”えきさいたあ!!” Judas Priest
この頃は十分ヘヴィに感じたもんだったけれど
Judas Priest 「Stained Class」

 いやもう今聴くとスッカスカなんですけれど、最初に聴いた頃はあの単調なバッキングリフでさえも、そのモコモコしたギターの音も、妙に音域が高いロブ・ハルフォードも、全て含めてヘヴィメタル(あ、当時はもちろんハードロック)の王道といった形で受けとめましたね。
 でも、ジューダス・プリーストってわりと音よりも見た目や曲名等の印象でハードロックさをイメージさせてたところがあると思うんですよ。あのロブの衣装も、ジャケットのデザインも含めてヘヴィなイメージを刷り込ませているんですが、その最たるものが曲名なんですよね。この4枚目の「Stained Class」に至るまでに”Genocide”、”Sinner”、”The Ripper”と見るからにヘヴィそうな曲名が並び、ついにはこのアルバムで”Exciter”ですからね。何だよ、”えきさいたあ”って。いや、真面目な話サウンドはそのいかにもハードロック的なヴォーカルを除いては言う程ヘヴィでもない(スッカスカ)のですけど、そのジャケットや曲名を見てしまえばああ一見さんお断りな雰囲気プンプン漂う男臭い世界を構築してるかのようなんです。

 そう、今やヘヴィメタルゴッドの称号を与えられたベテランバンドが実際にその印象どおりのヘヴィさを披露(身につけた)できたのはヘヴィメタ時代も既に来ていた「Screaming For Vengence」になってからなんですねえ(コレを最初に聴いた時はさすがにぶっ飛びでしたが...)。それまでの段階はB級ハードロックというレッテルを貼られながらも、ロブの圧倒的個性のもと徐々に徐々にヘヴィなイメージを浸透させていく努力をよくも辛抱強くしたものだと思います。
 本当にバンドとしての固まり感を強く出すバンドには意外とギターヒーローって存在しないものですが、ジューダスもご多分に漏れずギターヒーローではなくてデフレパードやメイデンのような結束力を持ったグレン・ティプトンとK.K.ダウニングという名コンビながらもヒーローではなく地味にしっかりとバンドを支えています。あえて、速弾きなどをせずに楽曲のバランスを中心に組み立てていくところが個性と言えば個性でしょうか。

 しかし、この貫く姿勢(抜けたり戻ったりもあるけど)はまあ見事なもんです。
by biturbo93 | 2005-12-03 22:29 | MUSIC_ROCK
<< プロモの大作化 ”Thriller” Jamiroquai ”Vir... >>