Everyday I Write the Blog?
by biturbo93
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
心底カッチョイイ!! WILD HORSES
コレ隠れた名盤ですってば!
Wild Horses 「Stand Your Ground」

 Brian "Robo"Robertsonってそのドライブ感溢れるギター(でも崩れない)がかなり好きなので、その繋がりでライブも行ったし、LPも買ったけど2枚でなし崩しに無くなってしまったWild Horsesのその2枚目にして最後のアルバムがコレ「Stand Your Ground」です。

c0045049_051563.jpg前回のファーストの時は意気込んで書いたのに全く無反応でちょっと寂しかったですが、アッシが気合いを入れていれ込んじゃうアーティスト(RIOT、STARZ、Deaf School etc...)は往々にして独りよがりな部分があるので、スルー覚悟で書き殴ります(笑)。
 この2枚目では既にニール・カーターUFOに行ってしまいJohn Lockton(知ってる人いますか?)なるサイド・ギターを迎えての2作目ですが、前作をひとまわりもふたまわりも大きくなった良質のハードロックを詰め込んだ隠れた名盤(と思っている)です。そう、これこそ80'sハードロックの隠し玉!。NWOBHMなんかでくくってほしくない、THIN LIZZYUFO蠍団と同じレベルの美味しさを含んでいます。客観的に見ればJimmy Bainの歌はちょっと心もとない部分も無きにしもあらずですが、1作目よりはしっかり成長してるし、この伸びしろを考えると3枚目はもっと良くなる予感があったのに、なぜか自然消滅してしまいました。このアルバムが非常に前作よりもハードロック寄りなのはKbも出来る器用貧乏ニール・カーターではなく純粋なサイドギターが入って完全なるギター・サウンドになったことが大きいのかもしれません。

c0045049_052681.jpgレインボーの頃は若いけれどワリと地味なベーシストでしかなかったジミーですが、ディオ御大リッチー先生の後ろではなく、最前面に出て脚光を浴びたいなんて欲も実は持ち合わせていたんですねえ。そこで、相棒に選んだのがロボだったんですが、この組み合わせではB級にしか収まらないのがまた微妙なところ。しかし、ちょっとイケメンと勘違いした真っ赤な1作目の反省からかジャケットもモノクロで大人っぽく男らしくイメチェンしてきたんですね。その中に収められた楽曲も相当にパワーアップ(というか楽曲として非常に良くなってる)しての登場だったんですが、NWOBHM以上の刺激を求めるシーンには少し物足りなかったのか思ったよりも知名度も上がらずに失速してしまうんです。
 でも、1曲目の”I'll Give You Love”からギターもリズム隊も相当カッチョイイですよ。ドライブするドラム&ベースにギンギンのっかっていくロボのギターがカッコイイですし、こういう非常にR&R的なドライヴ感こそロボの真骨頂!。そこらへんの新興バンドのギタリストには速弾きは出来てもこのドライブ感は出せません。しかも、ペダルワウの使い方が派手さはないながらも凄くツボにはまっていてカッコイイです。UFOで言えば”Lights Out”に匹敵するカッコ良さ。もうたまらん!です。3曲目の”Another Lover”は凄くリジィっぽい。ツインギターで始まるところなんかもうホントにリジィ。しかし、そこはロボ、ひとひねり加えて違いを出しています。そして、ロボが泣きのギターを紡ぎ出す”Miami Justice”もまた佳作。変にバラードっぽくしちゃわないところがくどくなくて良しです。そして、その当時NWOBHMで流行りだったキレのいい間をおくリフを繰り返す”Stake Out”もお得意のピッキングのアタック音が響くチョーキングをかませて非常に気持ち良い出来上がり。そう、そんな風に本当に良質のハードロックが詰め込まれているんです。ちょっと大げさに言えば同時代のUFOやTHIN LIZZYに比肩するといっても過言ではないでしょう(biturbo93評価にて)。

 それなのにそれなのにハードロックヒストリーからことごとくさっ引かれてしまっているこのバンド。絶対にこういう古き良きハードロックファンには応えられない一品なはずです。こういうのこそ、リマスターで再販してくれよお。
by biturbo93 | 2005-12-05 23:44 | MUSIC_ROCK
<< 今日の日記 1年1組 bitu... プロモの大作化 ”Thriller” >>