Everyday I Write the Blog?
by biturbo93
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
覚えていますか? Autograph ”Turn up the Radio”
ぜーったいに悪人面なんだよなあ
Autograph 「Sign in Please」

 こんばんは。80年代ハードロック&ヘヴィメタル懐かしの一曲のコーナーです。ってそんなコーナーありませんけれども(笑)。いや、ここらへんのジャンルの明確化はあんまり関係ないかもそれませんけれど、どっちかというとハードポップな感じの懐かしバンドAutographです。

 その中で実はこの曲しか知らない”Turn up the Radio”ですが、.....と、ここまで書いてTVで江頭2:50に大笑いさせられて止まってしまいました。
 いや、気をとりなおして......この”Turn up the Radio”、なかなかのポップさが傑出した佳作です。曲も良いアレンジも悪くないそしてキャッチー(笑)で覚えやすい、という部分によりMTVでも流しやすかったのかかなりのヘヴィローテーションナンバーだったんですが、難点はというと全員のルックスとヴォーカルにありました。
 
 c0045049_03336100.jpgこのアルバム画像じゃあ小さくてわかりづらいですが、真ん中に立っているヴォーカルのSteve Plunkett(さっき名前知った)なる人物がもの凄い悪人づらなんですよ。そう、マンガに出てくるような悪人づら。そして、キャッチーな曲に似合わない超ダミ声。ハスキーなんてカッコイイ声ではなくて本当のダミ声。ちょっと聞き苦しいです。汚いんです。そして悪役商会真っ青の憎まれ顔で頬をつり上げながら歌う姿は非常にロックっぽくない。ドラマーもプロモ上でもちょいとコミカルチックだったし。いや、音楽はルックスで聴くものではないですが、顔の善し悪しは別としてのカッコ良さがロックスターとしてあると思うんですが、当時のルックスも大事なLAメタル期にあってどうやってのし上がって来たのか不思議なくらいの売れ方をしていました。あ、曲は本当に悪くなかったんですよ、個人的にはハジけてなくてちょっと優等生的楽曲(売れ線ねらい)で興味はそそられませんでしたけれど。
 本当にこの時期に同じように流れてた前出のグリム・リーパーとともにMTVヘヴィロテの不思議現象であったオートグラフなのでした。
by biturbo93 | 2005-12-12 23:09 | MUSIC_ROCK
<< 好きです、ギター#1 B.C.... ”Vertigo”!! >>