Everyday I Write the Blog?
by biturbo93
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
今だ健在のよう Ronnie Montrose
Sammy Hagar ってあんまり好きじゃないけど、でもこの頃が良かったような。
Montrose 「The Very Best of Montrose」

 c0045049_13392029.jpg いやあ、やっぱり”Rock The Nation”はカッチョイイですねえ、のMontroseです。
今やVAN HALENに戻って落ち着いちゃったSammy Hagarですが、どうしてもVHの場合はDavid Lee Rothの印象が消えないのと同じで何をしてもMontroseってイメージはありませんか?。最近の人はあんまりないのでしょうか。

 そのSammy Hagarってあんまりタイプ(あのクルクル巻き毛も含めて)なヴォーカリストじゃあないですが、 若さハジけている分だけこの時代の方がというかRonnie Montroseのハードリフの上で魅力を発揮している気がします。そのMontroseのバンドとしてのライブ・パフォーマンスがどれくらいのものだったかは知りませんが、ソロ時代のギター抱えてヘッドマイクして無理してた頃(でも、ギター好きなんだろうなあ)はちょっと恥ずかしい感じでしたしね。

 で、今日はサミーではなくてロニーのお話。
c0045049_13392915.jpgRonnie Montroseと言えばレスポールかカスタム・メイドのザクリ入り赤ストラトっていう印象があったんですが、さすがに今は使ってないようでこのBakerをメインに使ってるようですね。ってまだ演ってたっていうのもなんか驚きですが、GFRだってKISSだってもちろんSammy だって現役なんだから当たり前か。
 Ronnie MontroseっていうのはMontrose、GAMMA、再Montrose、ソロっていう形でどんどんハードさが抜けていったというか他の要素が強くなっていったギタリストだと思うので、やはりこのアルバムを聴いても初期がハード。丁度アッシ達がROCKを聴き始めたKISS、ANGEL、QUEEN、AEROSMITHといった世代よりもほんのちょっと上の世代になると思うのでリアルで聴いてないってところが印象弱いのかもしれませんね。しかし、日本でもわりと聴かれた”Spaceage Sacrifice”IRON MAIDENもカヴァーしてた”I Got the Fire”等聴けば納得の曲がそろい踏みです。ヴォーカルが変わってからはワリとその声質もあり軽めに聞こえてしまいますが”Jump On It”はハードな軽快感もありオススメです。基本的にアメリカン・ハードロックが好きだあ!という人は必須アイテムと思いますが。

 誤解を承知で言えばアッシが大好きなRIOTもこんなバンドを目指していたのかもしれません。VAN HALENよりは直球でアメリカンハードの血を引いていると思います。
 
c0045049_1339402.jpg 最後に真ん中がロニー。右は知らない。そして、左は...ああ、万年青年と思っていたあの方も月日の流れがこうなってしまうのですねえ。
ううん....さて、どなたでしょうか(笑)。
by biturbo93 | 2006-01-15 15:52 | MUSIC_ROCK
<< 戦略的だが... W.A.S.P. T-Bone Walker >>