Everyday I Write the Blog?
by biturbo93
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
真性ファンではないですが... ”Speed King”
リッチーおじさんは苦手だったりします(汗)。
Deep Purple 「In Rock: 25th Anniversary」

 とはいえ、理屈抜きに出だしがカッコイイと思えるのがこの 「In Rock」の”Speed King”ですね。多分、Deep Purpleのアルバムではこのブログの最初の方でも書きましたが「Live In Japan」なのは間違いないです。その中での白眉はもちろん”Child In Time”ですけれど、スタジオ盤の中でのカッチョ良さインパクトでは有無を言わさずやはり”Speed King”でしょう。

 基本的にIQの高さで音楽を選択することは殆どないですが、なぜか微妙に相容れないのがこのDeep Purple。もちろん、一端のハードロック少年を通過してきた身としては殆どのアルバムは聴いたことあるわけですが、好みとしてはワリと第一期や第四期だったりのいわゆるらしくない部分だったりするわけです。うーん、アッシ自身がひねくれ者というか天の邪鬼なせいかもしれませんね。まあ、その原因はというと誰も彼もがリッチーを目指して白やサンバーストのストラトを振り回していた中高生時代の周りと同化したくない、といった部分も無きにしもあらずですが、やはり時代がらインプロ要素は多いものの実際の中身がマンネリというか単純だった部分が多いのだと思います。そのワリにシンプルじゃないんですもの。

 アッシ自身の嗜好性として、単純なら本当にシンプルに、激しいなら心底激しくといった極端な部分があってそこにZepはハマるものの、なぜかDeep Purpleはハマらなかっただけかもしれないですね。とかなんとか書いておいて単純にJimmy Pageとリッチーおじさんのカッコ良さの比較が植え付けられちゃっただけかもしれないのだけれど(笑)。
本当にJimmy Pageはカッコ良かったですね(笑)。LespaulとSTRATの違いでもあるんでしょう、きっと。

 そうは言っても数聴いてるだけに曲は殆ど頭にインプットされてしまってるDeep Purpleの中ではやはり始まった途端にカッコイイ”Speed King”のイントロは見事な仕事だと思います。「あ、この曲カッコイイ」と思わせるタイミングがこれほど速い曲もないですもの。試しにCDでのタイム・カウントで見ると開始1秒で既に「カッコイイ」と思ってます(笑)。いや、これホントの話ですよ。
 それに最近iPodで冷静に聞き直して思うんですけど、その見た目ゆえかなり敬遠してたリッチーおじさんてライブでのエキサイティングなポーズとは裏腹にかなりキッチリと真面目にギターを弾く人なんですねえ(今更言うのもおかしいのだけれど)。よっぽど敬愛するJeff Beck大先生よりもキッチリとギターを弾いてらっしゃる(失礼)。見た目で人ははかれません。

 でも、今やそのオジサンはハードロックを演らずに若作りなおねえちゃんとバロックしてるそうですが、良いことなのか悪いことなのかハードロック系の雑誌でしかその姿を拝見したことはありません。



しかし、”Speed King”って.....凄い曲名です。
センスに付いていけないのかも。
by biturbo93 | 2006-02-09 23:49 | MUSIC_ROCK
<< 昨日と繋がらなくもない Hug... 心洗われる ”WILL YOU... >>