Everyday I Write the Blog?
by biturbo93
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
ROLLING STONE 500
c0045049_1251244.jpg
 結構前に米ローリング・ストーン誌でROLLING STONE 500(a celebration of the greatest rock & roll songs of all time)という特集をやった結果をちょっと前にSIGHT誌で陽一さんとバラカンさんでコメント付けてた(20位までだけど)ヤツにさらっと目をとおしたままだったのだけれど、昨日ゆったり電車に乗っている時に再度見直してみた。さすがにアメリカの選ぶR&R Songだなあ、という感じですね。絶対にイギリスではこうならないのじゃないかな?。
でも、こういったGreat R&R Song 500とかって、その選択された背景とか考えながら見ていくと結構色々なことが頭に浮かんでおもしろい。しかし、ローリング・ストーン誌で選んだ曲達の解説をなぜか陽一さんとバラカンさんがしてしまうところが面白い、というかそこにアメリカ人は不在じゃないですか?って不思議に思ってたらバラカンさんはコレのアルバム版の選考者だったらしい。米ローリング・ストーン誌からいきなり封筒が来て、書いて、結局ノーギャラというのにも笑えてしまったけど(いかにも過ぎる)。

でも1位がこのBob Dylanの”Like A Rolling Stone”で、
2位がRolling Stonesの”Satisfaction”というのは、確かにバラカンさんが書いてるとおりRolling Stone誌として出来過ぎな感じがするけど、それこそがアメリカって感じもしてきてしまう。そこまで予定調和だと逆に微笑ましいっていうか(笑)。でも、これがイギリスだったら絶対にDylanが1位にはならんでしょう、と思いますね。じゃあ、なにが1位か?と聞かれるとなんだろう?Beatlesなのかな?。分からないか、やっぱり(笑)。
 で、この後に続くのが
No.3:John Lennon "Imagine",No.4:Marvin Gaye "What's Going On?",No.5:Aretha Franklin "Respect",No.6:The Beach Boys "Good Vibrations",No.7:Chuck Berry "Johnny B.Goode"ってのがアメリカでしょう。やっぱり選考者にもよるだろうけどほぼ普通にアメリカだものなあ。僕だったら絶対にここまでの曲は選択しないし、イギリス人だってStonesとJohnくらいじゃないのだろうか?。Rockっていうモノの定義は人さまざまだろうけど、greatest rock & roll songsってことで多くの人がMarvin GayeやAretha Franklinをセレクトしちゃうのにもビックリ。恥ずかしながら自分がセレクトしても絶対に入って来ない曲ばかりだし。
 で、やっとここに来てNo.8:The Beatles "Hey Jude"ってなるワケですけど、このヘイ・ジュードってなんだよ?The Beatlesのトップがこれ?って陽一さんじゃあなくたって僕だって首を捻りたくなるってもんですよ、RS誌の選考者の皆様。全くもってリアル・ビートルズな世代じゃあないし、リアルに"Hey Jude"がどういう売れ方したのかも知らないし、そもそもこの500曲は当時の売れ方と何ら関わり合いのない選曲だから、売れた曲である必要なんてないワケなのに"Hey Jude"。嫌いな曲じゃあないです(というより好きな方ですけど)が、それでもビートルズで最初に出てくるのがコレ?ROCKとしてコレ?。ううむ。”Let It Be”や”Yesterday”よりはマシと思えば良いのだろうか?。......。でも、イギリスだったら、ビートルズの場合は何がトップに来るんだろう?。で、日本だったら......は、あまり考えたくないですね(笑)。
 そして、No.9:Nirvana "Smells Like Teen Spirit"というのも考えさせられちゃうけれど、アメリカではそんなにもKurt Cobainが影響力あったのかあ...と、これも驚き。カリスマってよりは代弁者とか体現者っていう感じなんだろうけれど、キリストだってそういえばその時代じゃあカリスマってよりも体現者だったのだろうから、そう考えれば多少納得もするけれど、近年の曲が閉塞感たっぷりのこの曲しかないっていうのもROCKとくくられる中で寂しい気はするなあ。
で、10位のレイ・チャールズもROCKですか?。さすが、アメリカ。For The Nation。

 でも、これって500曲も面白いけど、そのネタを作った選考者達の顔ぶれもなかなか面白いですよね?。って、長くなっちゃったので、10曲以外やその話はまた今度。



 なんか変わりましたよね。
by biturbo93 | 2006-02-26 15:16 | MUSIC_ROCK
<< 正気でいられますか Los Lobos 「Coll... >>