Everyday I Write the Blog?
by biturbo93
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
出た当時はビックラコ! Thunder & Lightning
”Bad Habits”が一番好き(笑)
Thin Lizzy 「Thunder & Lightning」

 コレが出て来た当時は本当にビックリもビックリで、それまでのThin Lizzyを知ってるファンには違和感バリバリというかショックな出来事だったんじゃないかな?。だって、ヘヴィメタルですよ、ヘヴィメタル。これまでのLizzyはROCKやHARD ROCKで語られることはあっても決してヘヴィメタルなんてくくりに入らないバンドだったし、そもそもワリと玄人ウケする部分もあってメジャーに人気があるようなバンドでもなかった。但し、その分Phil Lynottという個性とバンドとして完成度の高い音と独特の楽曲に入れ込んでたマニアも多かったワケだ。

 そんな昔からのファンの愛着だけでは生き残れない世界に居たPhil が解散前提に造り上げた最後のアルバムは新加入John Sykesの色濃いヘヴィメタルなアルバムだった。Def Leppardに引導を渡された(という噂)Philは結局この時点で時代に自らすり寄ってしまうような半ば時代遅れなヘヴィメタルでThin Lizzyのラストを飾るしか無くなってしまったのだ。しかも、それ自体がこれまでのファンには結局そっぽを向かれる羽目になってしまったが、ラスト・ツアーは新しいメタルファンも加わりどこでも盛況だったって言うのはちょっと悲しいことになっちゃったな、とは思いませんか?。

 以前にはその来日時の新宿厚生年金の話を書いたけれど、今日は純粋にこのアルバムに並ぶ曲達について。
 まずは最初の印象でのビックラコを超えたあとにあったのはもう多大なる違和感と多少の嫌悪感も正直なところ。次に感じたのはギターのうるささ。音がどうのこうのではなくて、とにかくバランスを乱す程に弾き過ぎでしょう、John Sykes君(ライブはカッコ良かったけれど)。
 その次の意外な感じは、ムリしつつもこんなギターが弾けたのかよ、Scott Gorham君!という変な驚き。いや、ライブではさらにカッコ良かったけどね。
 そして、全体に漂うヘヴィながらも物悲しいというかダルさというか、諦め感が漂っているのも事実。 でも、それはPhil Lynottその人自身の問題もあるのも哀しい気分に拍車がかかってしまう。ぷつん。

 殆どが前に書いたようにヘヴィメタル然とした楽曲の中にあって唯一それまでのLizzyテイスト満載の”Bad Habits”は本当に良い。やっぱ、こういうのがThin Lizzyなんだよなあ。
by biturbo93 | 2006-03-03 23:35 | MUSIC_ROCK
<< heavyMetal続きますが... 上質POP&BEAT健在です ... >>