Everyday I Write the Blog?
by biturbo93
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
珍しく和モノ 「天使たち」 The Street Sliders
大好きなんですね、”Special Women”
The Street Sliders 「天使たち」

 僕的に珍しく邦楽を書いてみる。
実際にはそんなに聞かないでもないかな?と思うところだけれど、やっぱり圧倒的に手持ちのCDを見ると洋楽の方が多いし、Towerに行くのもほぼJPOPのフロアには寄ることがない。ううむ、あんまり偏りすぎるのもいかがなものかと思うがそのかわり洋楽のフロアではDanceモノ以外は結構万遍なく手にとる。洋楽に関しては確かにハードなものが好みだとは思うがわりと節操もないし排除する気もない。でも、傾向的に見るとPOPSに行ったとしても女性モノは少ないかもしれない。いや、もちろん世の中に出回ってるのがそういった比率なのかもしれないけれど。

 で、このスライダーズだが、最初に出てきたときは荒削り過ぎたし、なんか安易的な気がしてそんなに注目することもなかったし、自ら好んで聞くこともなかった(でも、結構色んな人に聞かされたけれど)。
 そのスライダーズがいつからかなんか肩の力が抜けてアカぬけてきた(これはきっとその時代のJROCKブームのせいもある)ように思えたし、実際に以前ほどその音に拒絶感がなくなってきた。しかも、蘭丸のギターが凄くカッコ良く聞こえてきたから不思議なもんである。近年(その頃の)のストーンズっぽさも出てきて非常にシンプルで余計な音がなくクリーンになってきたような気がしたのだ(それが物足りないファンもいただろう)。
 
 この前のアルバムも良かったが、売れたせいもあってこのアルバムはタイトルの「天使たち」も示すように自信にあふれたスコーン!としたR&Rが詰まっている。中でも個人的白眉なのが2曲目の”Special Women”だ。1曲目の”Boys Jump The Midnight”も疾走感のあるオープニングにふさわしいナンバーだが、”Special Women”はダントツにカッチョいい。あれはもう蘭丸のカッティングだけでカッチョいい。その刻みも特にアップのキレがイカす(死語?)のだ。もう、この曲を聴けばすぐにあの背中を丸めてかがんだまま動きながら弾く蘭丸の姿が浮かんでくる。もちろん、ハリーの歌もどんなスライダーズの曲よりハリーに似合ってる。これはホーンセクションがなくても十分にカッコ良かっただろうし、ホーン抜きのアレンジを聞いてみたいものである。

 その後にしばらくして見たプロモもなかなかカッコ良かった。あの頃SONY系は非常にヴィジュアルに凝ってたし売れてたからこそなのだろうけど、一般人参加のプロモの中では日本でもこのくらいできるんだあ、と感心するくらいの出来だった。

 もちろん、今はなくハリーの顔もあまり見なくなったが、蘭丸さんは元気にKink Kidsの後ろで勇姿をご覧いただけます。





ちゃ!ちゃら!ちゃっちゃっちゃら~。
by biturbo93 | 2006-04-02 06:16 | MUSIC_ROCK
<< 本日音楽なしよ いきなりですが >>