Everyday I Write the Blog?
by biturbo93
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
HeavyMetalな1曲 ”Raised on Rock”
NWOBHMの端っこに居た Tygers of Pan Tang
Tygers of Pan Tang 「Crazy Nights」

 いやあ、以前に書いた気がしてたんだけどTygers of Pan Tangは書いてなかったみたいですね。書いたような気がするんだけどなあ??。

 このTygers of Pan Tang(長いなあ)はNWOBHMの端っこに登場してきたけれど最初はそんなに話題にならずにいた記憶がある。しかし、このアルバムかこの前のアルバムかな?でVo.の Jon Deverillが入ってG.のJohn Sykesと2人でフロント・ジョン・タッグを組んでから楽曲の質も上がったし、クセがあって好き嫌いは分かれそうだが十分にheavyMetal的なDeverillの歌も存在感は確かにあってNWOBHMファンの間でも評判が上がって来たように思う。

c0045049_23233113.jpgで、今回の(というか初めてなんですけれど)HeavyMetalな1曲はトップでガックリ拍子抜けしてしまう”Do It Good”ではなく、CDだと9曲目になる”Raised on Rock”。そう、このアルバム1番のスピードチューンでDeverillの歌もSykesのギターもノリにノってしまった1曲だ。
 よくGary Mooreコピーと言われるSykesのギターは別に好きでもない(元々Gary Mooreが苦手)のだけれど、見た目カッコイイのと真面目に認める部分はこの人は楽曲&カッコイイリフを作る才能は本当にあるというところ。そういえば本当にカッコイイリフをいっぱい作るなあ、と思い返して納得したのはなぜか最近WhitesnakeからThin Lizzyからを続けて聴いて再認識したのかもしれない。カッコイイだけじゃあない(笑)。しかも、カッコイイリフは大体がリズムのキレがいいスピードチューン。あんまり認識はされてないだろうけど、この人リズムギターとしての才能は絶対にあると思う。ちょっと毛色が違ってるけどソロやトリッキーさではなくってリズムの才能で気に入ってるのはEddie VHもおんなじ。(あんまりリズムに言及されないよね?)
 で、Sykes君のリフ作りの才能に関しては、個人的と断るけど、どっかのフライングV兄弟よりも勝ってると思う。リフだけでスピーディーでキャッチー。そ、このキャッチーというスパイスが混じるのもこの人の重要なところ。性格や出世欲に問題はあるのかもしれないけれど、そんなのリスナーには関係ない。

  しかし、この曲でのSykes君のソロ(もちろん前半担当)はなんかアーミング入って聴こえるけどストラト見た記憶ないしなあ??。という細かい話はおいて、イントロのリフからいきなりカッコイイし非常に期待させるしタイコ入ってからもそのスピード感は曲的には落ちない。本当に原曲は良いのだけれど、このバンドが今ひとつこれ以上になれなかった宿命がこの曲にもつきまとうのである。そう、フロントの2人に他メンバーがついてこれてないのだ。っていうかスピード感を削いでさえ居る。合掌。
 タイコはオカズが入るたびにブレーキかかるし、もう一人のギター(名前失念)はソロの最後のフレーズがスタジオ盤だというのにスピードついていけてない。ぐ.....哀しい。

 ま、上記のようにメンバー差があったからか、今ひとつ聴こえてくる音に固まり感も薄く所詮はSykesが抜け出る運命だったのかなあ?と。



と、書いたけれど曲自体は良いのでiPodのハードロック系Playlistには入っているのでした(笑)。NWOBHM好きならばストライクなはず。
by biturbo93 | 2006-04-26 23:50 | MUSIC_ROCK
<< いいぞ!バルサ! うおっ!風邪!! >>