Everyday I Write the Blog?
by biturbo93
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
Rock Starってどこへ? 
別にレッチリで書くことじゃないかもしれないのだけれど....
Red Hot Chili Peppers 「Stadium Arcadium」
 このアルバムを聴いてすぐにその感想を書き出せなかったのは別に書くほどのこともなかったとか、その出来に感動して書けなかったとかいうことでは全くない。確かにFUJI ROCKにもやってくるこのビッグバンドの新作を殆どのメディアで大々的に取り上げてることへの違和感というか脱力感を感じたのは事実だと思う。レッチリが本命なのか?。今の王道を歩むのってレッチリくらいしかないのか?。(U2はもちろんなんだけれど)

 この思いは別にレッチリの新作に対しての違和感では決して無い。今回の新作だって2枚組で出さなければならないほどの創作力に溢れたJohn Frusianteは凄いと思うし、今回はちょっとレトロな雰囲気を前面に出したギターサウンドも良く出来ていると思う(”She's Only 18”なんてジミヘンだあ)。初期のようなバカ騒ぎなファンキーさは望むべくないものの、その分しっかりと質の高い楽曲が並んでいる(ちょっとマイナー曲が多いが)。
 そして、その出来に比例するようにどのメディアも大々的に取り上げている。今月号の音楽雑誌なんてほぼ表紙レッチリOnlyな感じだ。もちろん僕自身の好みとしてはPearl Jamなのだが、そんな小さなことで違和感を感じているワケではない。

 確かにレッチリの新作はいい。ライヴの盛り上がらせかた、楽しさもまた格別だろう。しかししかし、これがRock Starいやロック・スターなのか?。確かに時代は違うかもしれないが、プレスリーからビートルズからストーンズからZEPからKISS、QUEEN、エアロ、Van Halen等と引き続いて来たロック・スターの姿なのか?。それとも、これはロートルの戯言で、いまの時代のリスナーには僕等の目にエアロが映ったようにレッチリが映るのか?。もちろん、そんな派手派手なバンドではないことは百も承知だが、あまりにもロック・スターって華やかさがなくなってないか?。それじゃあ、現在のプラントってペイジってタイラーってペリーってベックってジャガーって一体誰なのですか?。

 今回はたまたまレッチリの売れ具合に対してそう思ったのだけれど、基本的には誰が売れようが同じような疑問はわき起こってしまう。
 確かに昔と現在ではマーケットの広がりと数も違えばそれに比例してアーティストの数も多い。という数的要因で個々のスターっぽさが薄まっているのは確かかもしれない。でも、スターってあまりにも少ないし、僕等が20年前にスターだと思ってた彼等は未だに老獪を雑誌の表紙にさらしたりするくらいになってしまってる。(雑誌の表紙を飾るトップスターが少ないなんて世も末だ)

 それとも今の状況を把握しきれないオジサンには分からないけれど、しっかりと現在のスターっていうのは世代交代して存在するのだろうか?。




 ううむ、ロックはスターだ、という古い理解のままの人間の独り言なんだろうか?。

とにかく、頑張れロック・スター。

 
by biturbo93 | 2006-05-17 23:51 | MUSIC_ROCK
<< うひょー!うひょひょひょー!! 好きです、ギター#3 Gibs... >>