Everyday I Write the Blog?
by biturbo93
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
検索
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
むむむ? Def Leppard 「Yeah! 」
しかし、Rick Savageはコワイな(笑)。
Def Leppard 「Yeah! 」

 むむ?、ちょっと期待が大き過ぎたかな?。でも、好感はもてる。
確かにDef Leppardらしい選曲だし、演奏&サウンドの質は低くなるハズもないわけなのだが、個人的(大体blogなんて個人的だ)にはもう少し各メンバーのカラーを出して欲しかった、というかもっともっとのDef Leppardらしさを望みたかったなあ、と。例えば以前にSweet”Action”を演ったときのようなサウンドの方が好みである。

 そして、このアルバムは期待されたほど売れてない(といっても普通のバンドではバカ売れだが)のは、やはりそのカヴァー曲の選曲ではないだろうか。ま、日本人である僕にはわからないがここに収録されているオリジナル曲っていうのは衆知の曲でなく、聴いてて分からない曲であればもちろんそんなのはセールスに影響出るのなんて当たり前だ。

 と、書いてはいるが、上記のようなセールス面も含めて承知の上でDef Leppardらしさとかではなく、自分達が演りたい曲を演りたいように演ったというのならば好感は持てる。但し、やりたいようにやった結果というのが原曲に近いほぼコピーというところはどうかと思うけれどね。

 でもでも、実はココに収録されている曲は衆知の曲でなかろうが、僕(から上)のようなオジサン世代にはちょっとこいつらワカってるな、という感じが嬉しい。もちろん、僕自身のリアル・ナンバーよりはちょっと古い(多分メンバーはこの世代なのか?)けれど、この時代を求めて聴いた曲ばっかりが入っている。T.REX(”Telegram Sam”でも良かったかな?)、BLONDIE、KINKS、SWEET(またコイツらか!)、ELO、ROXY MUSIC、BOWIE、FREE、MOT THE HOOPLE等々そろいぶみ。
 その中でも一時期(ほんの一時期:笑)僕自身が夢中になったのがMOT THE HOOPLE(今で言えばレッチリみたいな)なのでこいつは格別に嬉しいしナイスチョイス!と褒めたくなつ気分になった。そして、もうなりきりコピー。そうか、こういう風に思い入れがあるなら、なりきりコピーでも良いのか。なんか非常にMOT THE HOOPLEになりたかったぜ感が伝わってくるのが気持ちいい。素敵。良くわかる。

 そういう気分で聴くと非常に楽しいアルバムになるけど、今のリスナーはここらへんあんまり知らないんだろうなあ。残念。


 あ、あと中ジャケのなりきり写真はVivian Cambel以外全くいただけませんね。特にRick SavageとPhil Collen(これ、やっぱIggyだろなあ)はヒド過ぎるなあ。


c0045049_11252147.jpgいや、ちょっと貫禄ついちゃったね。Joe。
by biturbo93 | 2006-06-10 11:55 | MUSIC_ROCK
<< ワールドカップ続々 遂に始まっちゃう、ワールドカップ >>