Everyday I Write the Blog?
by biturbo93
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
うほ!久々邦楽 NOVELA 「魅惑劇」
こんなのも持っていた!
NOVELA 「魅惑劇」

 いやあ、関西で話題になっていると聞いて最初に聞いた時は実際ちょっとひいた記憶がある(笑)。それはひとえに日本版Geddy Lee(RUSH)のようなのだけれどそれよりもうちょっと聞き苦しいVo(アンジーとかいったっけ?)の声のせい。プログレ・ハードというその頃にはメジャーになるのに難しいジャンルということで、和製バンドがどんな感じで?と興味深く聞いた記憶がある。でもね、最初に聞いた嫌悪感とは別になんか非常に耳に残るし、また聞きたくならせる不思議な音楽だった。

 なんでも関西でその当時結構有名だった「シェラザード」と「山水館」(すごいバンド名だ)が合体して出来た凄いバンドという触れ込みだったがその印象は完璧に僕の好きだったANGEL。ほんの子供だった自分がその当時憧れてたKISSQueenANGELが一番勢いがあった時期だったが、彼等はそれをリアルに自分達の表現に取り込める世代で、それをそのまま楽曲にぶつけたようなそんな印象だった。

 ANGELというバンドもその時代に分かりやすいR&R(KISSやSTARZ等アメリカ勢)や、ややアイドル気味なバンドが勢力を増してきた時期に見た目は分かりやすいながらもハード・プログレという分かりにくい音楽で勝負をかけた稀有なバンドである。そのプログレチックな部分は大層でいながらどこかヌケを感じさせて、そこにキャッチーな部分を盛り込もうとする非常に無理がある表現だった。しかし、その反面、数あるゴミの中には非常にキラリと光る名曲も隠れてたりもしたのだ。いかんせん、一般ウケはその見た目に反してよくなくKISSやAEROSMITHのカゲに隠れて消えていってしまったのだけれど...。

 で、そんなANGELを彷彿とさせたNOVELAといえば、もうちょっと変拍子とかも組み入れたプログレ要素が強く、曲自体も物語仕立てだったり大作だったりとその志は非常に高いところにあったのだと思う。でも、僕にとってはギター(中音域が強い)の音なんかパンキーそっくりだったりしてもろにANGELだったのである。


 ただ、その頃の和製ハードロックバンドというとBOWWOWコンディショングリーンといった不遇時代だったし、その後の和製ヘヴィメタルブームはあまりにも短絡的でそんな音楽を許容できずに結局分解してしまうのだけれど、その中から高橋ヨシロウ(結構好き)は前進の山水館の頃からのナンバーをひっさげてACTIONというバンドを起こして今度は和製KISSになるのでした、と。
ううむ、バイタリティあるなあ。
 
by biturbo93 | 2006-06-17 14:20 | MUSIC_ROCK
<< ”Sun City” Arti... このギターソロが好きだ その5... >>