Everyday I Write the Blog?
by biturbo93
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
検索
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
John Sykes 色々と........
いやあ、やっぱカッコイイじゃん(笑)。
Tygers of Pan Tang 「The Cage」

 今まで見たヘヴィメタル系ライヴで本当に見た目がすっごくカッコ良かったのはだいぶ昔の記事でも書いたJohn Sykesと来たThin Lizzyで、噂とは違いパフォーマンスも良かったし、さすがの存在感と分Phil Lynottを中心としたフロント3人のカッコ良さったら(さながら三銃士)なかったなあ、と今でもありありと頭に浮かんでしまうよう。もちろん、感動や納得等色々な感情を色々なバンドが与えてくれたのだけれど、純粋に男ながらに惚れ惚れしてしまった(わりとミーハーっ気は抜きで)のはやはりあの厚生年金以外に無かったのではないか、と。今でも、あの瞬間に見れたことはもう神にまで感謝してしまうくらい。だって、東京ではあの日しか最高の日が無かったワケなのだから......。

c0045049_0222046.jpg と、Thin Lizzyの話しの蒸し返しではなく、先日たまたまTygers of Pan Tang”Love Potion #9”のプロモにお目にかかれる機会があって、やっぱりそこでもJohn Sykesカッコ良いなあ、と。ワリと真性Thin Lizzyファン(とはいいつつ、僕自身もロボも含めての大lizzyファンを自負しているのだけれど)にはそっぽを向かれるJohn Sykesだけれど、やっぱりスターミュージシャンとしての華があるから、その部分では認めるし、実際ギターの影響元であるGary某(笑)よりはよっぽどマシだと思っている。もちろん、カッコ良い悪いのその一点で。耳で聴くだけならカッコ良さなんて見た目は関係ないけれど、ライヴで体験するとなるとパフォーマンスも含めてカッコイイ方が良いに決まっている。
 そんなギターを抱えたスター的印象を思い出させてくれた”Love Potion #9”のプロモだが、この中ではもちろんJohn Sykes一人が浮いているのが良くわかる(いや、Jon Deverillはそんなに嫌いじゃなかったりもするけれど)。こんなちんまりしたところには収まりきらないという雰囲気アリアリである。というワケで、そこから電撃渡り鳥の旅が始まるのだけれど、ここではそんなことも予感させるような一人浮きプレイをしているし、実際この曲が収まるアルバムでは殆どギターを弾いていない。もう、脱退が決まってたので先行シングルであるサーチャーズ(たるい!)のカヴァーであるこの曲には出てしまっているという次第なのだけれど、もう止めそうな人間がほぼメインで映っていてこの先のバンドの行く末(何を頼りに....)を悲しく暗示させるプロモでもある(笑)。


で、そのJon Deverillとのフロントコンビを彷彿とさせる大抜擢Whitesnakeは.....見てないのだよなあ.....メチャメチャ悔いが残ってたりして.......トホホ。
by biturbo93 | 2006-08-31 23:33 | MUSIC_ROCK
<< 続いて......”Pleas... 今日は...... >>