Everyday I Write the Blog?
by biturbo93
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
RATT ”Wanted Man”
この曲好きかも。
RATT 「Out of the Cellar」

c0045049_143743.jpg LAメタルというイメージを一番多く抱かれているというか、ある意味象徴ともいえるべき存在だったRATT。非常に悲しい歩みをしてしまった希有な存在とも言えるし、その輝きが短かった分だけリスナーに強い印象を残したバンドとも言えるのではないか。

 インディーズでのミニアルバムが非常に評判を呼んで、ある意味鳴り物入りでメジャーデビューをした彼等がその大ヒットデビューアルバム「Out of the Cellar」を頂点として、それ以降失速してしまったのは不幸なことでもあるけれど、ある意味必然だったのかもしれないと思うのは僕だけだろうか?。
 ここであげてる大好きな”Wanted Man”でもそうだが、彼等の楽曲は新人バンドとは思えないほど破綻がなくて完成の域に達していると言えるほど良く出来ていた。先輩格のMotley Crueのデビューが荒削りさ満開だったのに比べると雲泥の差の出来だった。
 でも、それがゆえにデビューアルバム以上の楽曲がなかなか作れず、しかも完成してるだけにそこからの成長も変化も難しく、Aerosmithのように外部の作家に任せてシングルを売れるためと割り切れるほど狡猾でもなかった彼等はその後の路線をなかなか変えられないジレンマを抱えたまま消えてしまった。各メンバー単位でも特に劇的な変化を呼べずに、解散後も全くパッとしない活動しかしていない。Poisonのように外見と売れ筋バラードに活路を見出す事も出来ず、CinderellaのようにブルージィなR&Rも出来ずに、その時点で死に体だったAerosmithのように復活も出来なかった(彼等のリスペクトが再浮上のきっかけだったのはとても皮肉な結果となってしまった)のは完成されたこのアルバム以上の意外性を出せなかった力量(テクニックではない)というか器がそれまでだったのかもしれない。

 とは言っても、このアルバムに収められている楽曲は色褪せることはなく未だに輝きを放っているのだから、あとひとひねりの何かが彼等にあったら長続きしただろうに、といつも残念に思ってしまうのだ。でも、きっと最大の責任はポール・スタンレーにはなれなかったフロントマンの不器用さにあるんだろうな.....。

 この曲にあるようなスケール感を持ち続ける流されない揺るぎない信念さえあれば良かったのに。きっとLAメタルというブームの最大の功労者は最大の被害者だったのだろう。





しっかし、このロビンのツバの量はすっごいなあ。合掌 野獣Robbin Crosby
by biturbo93 | 2006-10-20 02:09 | MUSIC_ROCK
<< やっと出る。 Express ... 好きです、ギター#4 Dean... >>