Everyday I Write the Blog?
by biturbo93
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メロウの後には.... Metallica?
いや、だからスラッシュは聴かないんだってば。
Metallica 「...AND JUSTICE FOR ALL」

 本当にこのテの音には非常に弱い。いや、ちょっとの差なのかもしれないけれど、Motorheadは好きなのにスラッシュ系は基本的に大の苦手なのだ。
 思い起こせばこのMetallicaを初めて聴いた”Whiplash”で速いけれどそれだけでスカスカに感じて深みも感じられずに、その後を追うように出てきたバンド達にも全く興味が持てなかった。歌が歌じゃないのもすごくイヤだったし。
 でも、なぜかメインストリームを歩き始めたMetallicaは積極的に聴かなくても耳に入ってくるようになって辟易しながらも、このアルバム以前に”Battery”を聴いたときにちょっとそんな底の浅いヤツラじゃあないのかな?(いや、浅いのも大好きだけれど:笑)と思ったのもつかの間、その当時「Master of Puppets」だってフルに聴き続けることなんて全くなかった。


c0045049_1113660.jpg いや、今でもMetallicaを1日聴き続けろという命令が出たら丁重にお断りするが、このアルバムで彼等に対する興味が多少なりとも湧いたのはやはり”One”のプロモを見てからだと思う。非常に暗くてヘヴィで見てても全く気持ちの盛り上がらない陰鬱なプロモだけれど、なぜか視線をはずせずに見入ってしまう力がある。それもあの長さなのに。

 ただ速くて軽くて頭ワルそう(失礼)で、という印象だったMetallicaに対する見方が変わったのは確実だと思う。そういう視覚的な入り方ながら、この曲もドラムを始めとしてなかなか興味深くて、最初に感じた嫌悪感を全く感じなかったし既にこの曲ではもはやスラッシュではない、という印象を受けたし単純なスラッシュから脱皮したからこそメインストリームに成り得たのだろう。スラッシュだけでは収まらない素地がもともとあったということだ。


 この”One”のプロモで出てくるフィルムの出自も分からないけれど、この映像には本当に強く惹き付けられ、それをきっかけに曲にまで多少なりとも惹き付けられたし、こういう形での音への入り方(まるで映画からサントラを聴き漁るような)をMetallicaにさせられるとは思わなかったが、この曲に関してはしてやられたようだ。




しかし、あの”Whiplash”のバンドが今や大御所だからなあ.....。
by biturbo93 | 2006-10-25 01:12 | MUSIC_ROCK
<< Cornelius 「Sens... ははは、出ちゃった。 >>