Everyday I Write the Blog?
by biturbo93
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
Select 1 その4 Aerosmith
かなり間が空いてしまったけれど....
さらに一日を費やしてしまったけれど.....

”このバンドで1曲セレクトしなさい”
と言われたら一体どうすれば良いか?。

 なんていう事を性懲りもなくAerosmithで考えてみる。
ということで、iPodはエアロオンリーで聞きまくってた。いやあ、結構飽きる(笑)。

c0045049_005477.jpgまず、僕自身が70年代からの古い人間(笑)なので、近年のヒットナンバーは却下。良い曲は確かにあるけれど、Aerosmithらしいワルあんちゃん的雰囲気はさっぱりだからね。
 ということで、80年代中盤の復活初期あたりにまで選択肢は絞られる。しかしね、クラシックスあたりでもわかるようにここまでも代表曲目白押し状態なので、非常に困る。セレクトがアルバムとくればそれはもう「Rocks」でキマリなのだけれども、1曲となると途方も無く難しい。(「Rocks」なんてタイトルだけでも非常にカッコイイじゃあないか)
 ”Same Old Song And Dance”だってエアロらしいし、”Sweet Emotion”だって、”Back in the Saddle”だって、”Draw the Line”だって、今の今まで演り続けられる代表曲と断言してしまっていいくらいのナンバーであってそれこそエアロ以外には絶対的にあり得ない曲達だ。もちろん、”Walk This Way”のカッコ良さも格別だ。他にも......ああ、きりがない。
 
 セレクト1となると、やっぱりSteven Tylerのシャウトも欲しいし、Joe Perryらしいギター(5弦ベースやボトルネック等)だって聴きたい。もちろん、R&Rなノリだって欲しい。そんなこんなを思い切り凝縮してる1曲を非常に自分勝手に選んでしまおうと思ってiPodを聴くと、うんうん、やっぱりアレしかないじゃあないか、と行き着く1曲が浮かび出てくる。
 きっと、エアロファンであればあるほどセレクトする事のないであろう1曲。そんなワガママなbiturbo93的チョイスは”Let The Music Do The Talking”(やっぱり)。

 そう、Joe Perry Projectの荒削りなノリノリナンバーが80年代の復活時(実はまだまだ依存症だったらしいけれど)のアルバム「Done with Mirrors」にAerosmithとして収録されて元々イカしてたこの曲のJoe PerryのギターはSteven Tylerの声によってさらにカッコいいナンバーになる、とAerosmithというバンドの重要性を再認識させてくれたナンバーである。
 この曲がMTVにてヘヴィローテーションになった時に、LAメタルという見てくれが先行してしまっているRockに辟易させられていたR&R魂を思い切り揺さぶられて双手をあげて大歓迎した瞬間を味わった世代には忘れられない記念すべき曲だと思っているのだ。いやあ、今思い出しても嬉しかった記憶がある。

 ということで、個人的には大ベタ。マニアには顰蹙をかいそうなセレクトは”Let The Music Do The Talking”でした。まあ、勿体ぶってなかなか顔を見せないプロモをYoutubeででも探して見てくださいな。
by biturbo93 | 2006-10-30 23:50 | MUSIC_ROCK
<< お疲れ気味 Eric Clap... Aerosmith のセレク... >>