Everyday I Write the Blog?
by biturbo93
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
Baby I Love Your Wayは僕の曲です by ピーター
もちろん、Big Mountainじゃあないです。
Peter Frampton 「Frampton Comes Alive!」

 ああ、愛しのPeter Frampton。70年代に浸ってばかりではなく”I'm In You”(以前は”I'm In You”で書いたはず)以降のピーターも認めなきゃってことで新しいPeter FramptonのCDを物色しにいくも前回も新しいのは買わずに結局DELUXE Editionの「Frampton Comes Alive!」を買ってしまうなんて嗚呼.....。「Frampton Comes Alive! II」もまだ買ってないのに.....。
 
 結局は「Frampton Comes Alive!」の呪縛から抜けきらなかったし、多分この人の音楽遍歴の最後までこのアルバムを引きずってしまうことだとは思うけれど、最近(見た目のオッサンぷりと比例して)大分肩の力の抜けた活動をしていつつもまだ枯れてないことはこの前のLespaul企画盤でも存分にアピールしてくれていた。

 そして、 Peter Framptonと言えばコレ。
Peter Frampton Les Paul
 ううむ、やはりカッチョよいなあ。白エスカッションがやっぱりキレイきれい。
最近ではスタンダードもこのCustomも両方使っているようだが、やはりPeter Framptonの印象はこの3PUのLespaul Customしかないだろう。この時代のスリ込みはサンバーストがKISSのAceで黒がPeter。もう、完璧に頭にインプットされている。但し、そのギターでどんな音色を出していたか?と聴かれると、わりと甘いノントレブリーなLespaulサウンドであって3PUの必然性があったかどうかはちょっと微妙(笑)。
 でも、あのギターで甘いソロやスライドをゆったりと聴かせてくれるPeter は決して金髪クリンクリンのアイドルだけなんかではなく、それまでの経歴をのぞいても充分リスナーに訴えることの出来るギタリストだったはずだ。
 ただ、時代とバッチリ噛み合ってリンクしてしまったこのアルバムを出したために、その異常とも言える受け入れられ方に戸惑い焦り周りからも厳しい視線にさらされて、自らリラックスしたモノが出来なかった犠牲者といえばそうなのかもしれない。
 でも、彼のBEST盤を聴く限りはその後の楽曲とこのアルバムに収められた曲達に大きな違いはないはずだ。

 殆どが70年代で評価を終えてしまわれている感のあるPeter Framptonだけれども彼のフォーキーでいてロックなそのポリシーは実際そんなに揺らいでもいないはずなのだ。というか、そう信じている。
by biturbo93 | 2006-12-28 23:10 | MUSIC_ROCK
<< 力抜け系 Dokken 結局落ち着いた先は? >>