Everyday I Write the Blog?
by biturbo93
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
哀しいほどスルー....... West,Bruce & Laing
そこまで蚊帳の外におかなくても.....

West,Bruce & Lang 「Why Dontcha」


 あのMountainLeslie WestCorky Laingですよ、あのCreamJack Bruceですよ。ということは、なんとMountainとCreamの融合ですよ。それがこのWest,Bruce & Laing
 
 というのに、Hard Rock史の中にほぼ登場しないどころか、ほとんどRock雑誌の中でも触れられていない哀しいトリオの72年の作品「Why Dontcha」(どういう意味だ?)。もちろん、CreamもMountainもリアルではなく後聴きの世界でしかないが、このWest,Bruce & Langはそのまた後聴きも後聴きで、かなり後になってから聴いた記憶がある。
 このトリオが盛り上がらなかったのはほぼ必然であり、個性あふれるCreamとメロディアスなLeslie WestのMountainというビッグな盛り上がりを見せた両トリオを2匹目のドジョウならぬ3匹目のドジョウを狙ったFelix PappalardiがJack Bruceを誘って彼を中心においたソーパートリオのはずだったが、Leslie Westのギターの冴えはすでになくほぼJack Bruceの歌とベースが中心にあるヘヴィ・ロックは先の2トリオからすると地味で非常に味気ない出来になってしまっているのは隠しようもない。これはもう融合の失敗作みたいなものである。

 まあ、上記のような背景はあとから聴いたのだが、このアルバムは確かにMountainやCreamを想像して聴くとかなり地味に聴こえてしまうし、何か売り物があるのかというとそんなに個性際立ったものは特にはないのだ。
 それでも、”The Doctor”のようにストレート聴かせるRockはさすがベテランといったところか。

 でも今、この時代他アルバムと一緒に紙ジャケで売られるなんて本当にイイ時代になったんだなあ、とつくづく思う。
by biturbo93 | 2007-03-02 22:43 | MUSIC_ROCK
<< 短信:Photoshopよ、お前もか Howlin' Wol... >>