Everyday I Write the Blog?
by biturbo93
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
ハードロックと人は言う
小学生から洋楽を聞きつづけコンサートにまで行くようになって段々と「聞く」という行為が中学になる頃には変わっていって、楽曲の良さであったり、各パートの音だとかが気になるようになってきたときにやはり最初に惹かれたのはギターだった。銀座NOW少年はCharから遡り(こういう経緯もおかしいが)、その頃3大ギタリストと呼ばれたところを聞いたり、国内ではソロになった高中を聞いたりしていたが、その中でもジェフベックというのは格別な位置にいたと思う。但し、今日は肝心のジェフベック話ではなくって、ギター重視ということから流れ着いたハードロックな話。
ちなみにこの頃ハードロックは全然流行ってなかったと思う。巷ではフュージョンだとかAORだとかいう単語が耳につくようになった頃か?。確かにKISS、クイーン、エアロなんかはハードな音を出していたが、時代はすぐにハードロック、ヘヴィメタ時代へと突入してはいかない。特にKISS来日以降は既にROCKな音は下火になり、ディスコ、テクノ、ニューウェイブ・パンクと揺れ動いていた頃だと思う。アッシみたいな雑食系にとってはそれはそれで楽しかったのだけれど。(どのジャンルにももちろん一家言あるなんてワケじゃないけどその時代に聞いてたものはひとつひとつ思い出しつつ書いていきたい)自分でもホントに節操なく聞きあさっていた頃だし、恥ずかしながらキャンディーズの解散コンサートにまで行った。(いや、だって.....ランちゃんが.....)

c0045049_23473133.jpgc0045049_23481657.jpg前置き長すぎるが、今日はハードロック!。
この時代でハードロックを遡るとすればもちろん、ディープパープル&関連バンド。と、ツェッペリンとかサバスとか英国方面。しかし、この時期正直ツェッペリンの良さは分からなかった。やはり耳が肥えてると思ってても中学に入ったばかり。分かりやすくディープパープルを聞き出したのでした。しかし、響いてくるギターに惹かれて聞き出したくせに、どうもリッチーさんがうさんくさい。いや、もちろんハイウェイスターもスピードキングもファイアーボールもバーンもスモークオンザウォーターも分かりやすいギターのリフとハイトーンシャウトできっちりハードロックしてるし、ライブならではのアドリブも入ってさすが定番!という感じでした。もちろん、すぐさまエレキギターを購入し(もちろんグレコ)、ジャッジャッジャー!ジャッジャジャジャー!とかやりましたよ。それはそれで楽しかったんですがすぐに飽きました。今思いおこせば、その時には分からなかったツェッペリンの方が今までの人生で聞いた時間が長いと思います。うーん、どうしてのめり込めなかったのか?と考えると、ひとえにリアルタイムじゃなかったからなんじゃないか?と思いつきましたな。やはり、音楽ってその時代時代の空気で光っている部分があるんで、70年代前半の光は70年代末期のアッシには届かなかったようです。もちろん、名曲というのは時代を超えて存在すると思いますが、ディープパープルとツェッペリン、名曲側に居るのはやはりツェッペリンなんですかねえ。この時期聞いてたのはこの他にはクリームとかGFRとか。この中でのイチ押しはやっぱりディープパープルのライブインジャパンでしょうか?。

で、次回は脈絡なくなんとジューシーフルーツ?。c0045049_23501074.jpg
by biturbo93 | 2005-02-07 23:45 | MUSIC_ROCK
<< ベ、ベンチシート? また音楽から外れますが、 >>