Everyday I Write the Blog?
by biturbo93
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
Blues&Funk! Papa Grows Funk
山岸潤史っていくつなんだっけ?
Papa Grows Funk 「Mr. Patterson's Hat」

c0045049_2311383.jpg 確か、ウエスト・ロード・ブルース・バンドで演ってたはずだから、相当年季が入っているはずだと思うが....(あ、でもCharとか高中とか渡辺香津美とかも演ってるから別におかしくないか)。
 その山岸潤史がメンバーのニューオリンズのBlues&Funkなバンド、Papa Grows Funkの最新作がこの「Mr. Patterson's Hat」。これまでは、輸入盤インディーズ的な扱いだったけれど今回からは日本盤として普通に聴けるようになったとの事。
 といっても、僕自身も今回初試聴をして気に入って買ってきたのでこのバンドとは4作目にして初めての出会いということだ。キーボードの太ったオッサン(失礼)John Growsがジャムから作り上げたバンドだそうで、1枚目ならばともかく4枚目ともなるともう完璧に円熟(もちろん、山岸潤史を始め芸達者なのだろう)の域である。

c0045049_23115026.jpg僕自身もある程度の年齢までいってコッチの世界の面白みもわかってきた部分があるので大仰なことは書けないが、ことギターに関してはソロ・プレイも興味深いが何がカッチョ良いかっていうと、そのカッティングはもう素晴らしい。ワウを使ったオープニングのカッティングもそこに重なるクリーンでキレの良いストレートなカッティングも本当にカッコいいしFunkだけあってそこにあるノリも凄く素晴らしく揺れている。こういう身体ごと揺れるようなカッティングを日本人が出来ること自体が新鮮であり驚きでもある。ワリとこじんまりしたキレイに譜割りされた細かいカッティングとかっていうのが日本人ギタリストのパターン(要するにメトロノーム的でグルーブはない)なのだけれど、このバッキングは全くそんなケチくさいギターじゃあない。いやあ、向こうで演り続ける(しかもジャム)っていうのはこんなにも違うのかと改めてスタジオではない生の積み重ねの凄みを見せつけられたという感じだ。


 いやあ、ギター弾きにまた聴いて欲しいアルバムだなあ、コレ。感嘆の一枚。
by biturbo93 | 2007-05-14 23:08 | MUSIC_BLUES
<< むむむ ケニーG と 星新一 >>