Everyday I Write the Blog?
by biturbo93
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
検索
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
”ジェフ・ベック様”と書きたくなる
c0045049_17491281.jpgジェフベック。もちろん、一番好きなギタリストです。というかアッシにとってギタリストの代名詞みたいなもんです。KISSとかを経て3大ギタリストに行き着いたのですが、なかでもベックに惹かれたのは最初はモロに見た目からです。ロックっぽい顔してるじゃないですか。クラプトンは柔和なオジサン顔ですし、ジミーペイジはあまり西洋系じゃないし。と、こんなきっかけなのは泣けてきますが実際に聞いてみても、一番ギターがイバってる感じがしました。初めて聞いたのWiredでしてハイハットが印象的なLedbootsや、非常に分かりやすいBlueWindが耳に染みます。ここからベックの過去をズンズン振り返って聞き出すんですが、さすがにまだこの年齢なので分かりやすい曲は別として、ギター主体じゃない曲はなかなか難しかった覚えがあります。しかし、兄貴とかに大人びたふりして分かったような生意気言ってましたね。既にこれまでに2度来日していたということも知りました。しかし、ここでまたもや来日!。そうです、スタンリークラークと一緒にやってくるんです!。仲間を誘っていつものチケット屋に並びに行きましたよ。確か武道館初日だったような気がします。kobakonokoさんにセットを教えてもらったのですが、初めて見たベックに舞い上がってたのでしょうか?スタンリークラークの演奏含め殆ど記憶に残ってないんです。いや、あまりにも昔だから忘れたわけじゃなくて(笑)。感動した記憶はあるんだけど演奏内容があまり記憶にない。それは何故かと言いますと、その2年後ThereAndBackを出したあとに来日したときの印象があまりにも強くてその前の印象がかき消されちゃったんですねえ。本当にあの年のジェフベックを見れた人はホントにホントに幸せだと思います。ライブとしての充実度は他アーティストも含めてアレを超えるライブは未だありません。もっと楽しかったり、カッチョよかったりというのは数々あれど、あれほど濃密な時間を味合わせてくれたライブは1980武道館が最高です。
c0045049_17492850.jpgあわわ、そのライブの模様は記憶に忠実に書いていこうと思ったら長くなりそうなんでこのへんで次回に。次回はもちろん1980武道館当日の話し。
by biturbo93 | 2005-02-09 17:51 | MUSIC_ROCK
<< 衝撃 ベ、ベンチシート? >>