Everyday I Write the Blog?
by biturbo93
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
ハードコアも演奏力があると安心というお話 Strung Out
ジャケットもカッコイイし。
Strung Out 「Blackhawks Over Los Angeles」

 こういった、ハードコアというかパンクというかメロコア?とかいう系統のモノはスラッシュとか含めてあんまり熱心に聴かないのだけれど、ここまで演奏力があるとかなり安心して聴けるものだ。まあ、全くの下手クソだけれどもただ速いだけというのもそれはそれで潔いけれども....。

 俗に言う西海岸メロコアとかいうものに属するらしいこの音は本物のハードコア(ではないから聴ける)やスラッシュとかから見ればメロディも入って俗っぽい音なのかもしれないが、この方が聴きやすいことは確かだろう。僕自身この速さの上にゴス声なんかでがなられた日にゃあさすがに聴き続けられなんかしない。
 
 しかし、この速さは尋常じゃあない。他の楽器はともかく、よくタイコがこれで演っていけるなあと思うほどの速さ。ちょっと、このテの音はカッコいいなあとは思っても歳柄アルバム1枚はツライところだけれど、この速さでも崩れずにしっかりしている演奏はなかば感心しながら最後まで聴き続けてしまった。ううん、若いって素晴らしいなあ(笑)。


 でも正直言うと一番気に入ったのはジャケット。ジャケット見ただけで音が想像つくところが素晴らしい。しかも、カッコ良いし。渋くはないけど。
by biturbo93 | 2007-06-17 18:16 | MUSIC_ROCK
<< バルサ残念 80年代ロック・アルバム・ベス... >>