Everyday I Write the Blog?
by biturbo93
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
うむむ、微妙だ
Jeff Beck大先生的にはどうなのか?
Various Artists「Freeway Jam: To Beck and Back」

 Freeway Jamという部分でも分かるように、Jeff Beck大先生のカヴァー・アルバム。演っているギタリスト達はもちろんみんな手練だし、アレンジも凝っているとは思うし、なんとSimon Phillipsや最近一緒のVinne Colaiutaもバックを抑えている。が.........つまらない。
いや、誤解されると困るが、つまらないと思うのは特にJeff Beck大先生ファンならではの感触だと思う。
 それぞれ演奏しているSteve MorseEric Johnsonとかのファンであれば充分楽しめるだろう。それに、ギターマガジンを常に熟読してバイブル化させてるようなギターマニアであっても楽しめるに違いない。また、Jeff Beckは好きだけれども同じようなクロスオーバー付近はジャンルとして大好きだあなんて人にも楽しんでもらえると思う。

 でもやはり、Jeff Beck大先生は至上のギタリストであってカッコヨクって彼が弾いてなければ意味がない、的に考える大先生ファンはもう聴いていられないだろう、退屈で。ちなみに僕は退屈でしょうがなかった。意外性など全くなくそれぞれのギタリストが張り合ってるだけって本当につまらない。演奏力ばかりをひけらかすギターソロのかけあいもライブではつまらないがまさにソレ。以前に見た、サンタナと大先生とルカサーの掛け合いでルカサーだけ非常につまらなかった事を思い出してしまった。まあ、幸い彼はこのアルバムには参加していないけれども。



 いや、これは多分にJeff Beckファンのくだまきレベルなので興味ある人は直に聴いてみた方がいいと思う。
by biturbo93 | 2007-07-27 23:58 | MUSIC_ROCK
<< ジャンルじゃあない... Er... うわあっ! >>