Everyday I Write the Blog?
by biturbo93
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
真性Rockファンにはどうなんだ? Bon Jovi
ゴメン、受け付けない。
Bon Jovi 「Cross Road」

 心底ダメなのだ。Bon Jovi(ボンジョヴィ)だけは。
もう、”Runaway”(シャネルズか!)で出てきた時から彼等のことはRock Bandとして見ることが出来ない。その頃は日本での方が話題なくらいで全米的になった「Slippery When Wet」(ワイルド・イン・ザ・ストリーツ)が出た後でも全く同じ。彼等に対してはいくら良いライヴをやろうが何しようが全くもって肯定的には受け入れられない。半ば生理的に拒否しているくらいなものかもしれない。これでも結構色々なものを受け入れているし、Rockが基本とはいえこのブログ名にもあるように色々なジャンルで好きなものがある。チープだろうがフェイクだろうが楽しそうであれば結構イケるクチなのだが、彼等はダメ。もちろん、肯定的に受け入れてる人も多いだろうしファンだって結構いるだろう。だけど、僕自身としては、彼等はRockバンドとは思えないし、全くもってフェイク以下。常にインチキくささが漂う感じである。彼等から見ればよっぽどThe CarsHuey Lewis & The News(コステロ大師匠のバックも演ったし)の方がRockしてる。(サバイバーなんかと同じ感覚と言えば分かりやすいか?)

 きっと、Richie Samboraだって十分にギターが上手いし、Jon Bon Joviだって歌もパフォーマンスも悪くないだろう。個々の技量に関しては問題はないはずだ。でも、作る曲だって肌に合わないし、アルバムなんかは非常に抵抗がある。
 多分に感覚的なものがあるので、理論だててこの拒否感を説明しにくいのだけれど、一つだけ常に思う事は、彼等の曲からは全くノリ=ドライヴ感が感じられないところがある。このノリというのは、同じ楽曲だろうが演るメンツが違えば変わる事が大いにあって、先日あるロック・バーでちょっと前のMSG(神ね)のライブ映像を見たのだが、悲しいくらいにノリがなくてフラットでどんよりダレて曲がほぼ止まって聞こえた。もちろん、Michael Schenker以外は全く知らないメンバーであった。それはもう、進歩しようとしない古典芸能を延々と聞かされるくらいにつらい映像だったのだ。(古典芸能の中でももちろん真剣に精進して観させてくれるものは多いので、あくまでも過去の遺物という意味ではない)
 もちろん、そんなMSGだってメンツによっては結構なドライヴ感を感じさせてくれる時期だってあったのだけれど、その映像はメンツの問題か気分の問題か観ているだけでもつらい時間だった(その後でHeaven and Hellを見たら、もう老人域に入りそうなオッサン達のドライヴ感に心を洗われたくらいだから)。で、お題のBon Joviだが、これはもういつの時代というわけではなく、慢性的にダメなのだ。アルバムなんかは本当にダメ。身体が揺れもしない。かろうじてRockっぽい音楽を作り出してる人達というインプットにしかならない。全てが止まっているので。

 多分もう彼等については書くこともないし、わりと思い込みの激しい僕はこの先彼等を受け入れる事も全くないだろう。もちろん、それを残念と思う人もいるだろうけれど…。
by biturbo93 | 2007-12-28 13:08 | MUSIC_ROCK
<< あけましておめでとう クリスマスです 「ON THE... >>