Everyday I Write the Blog?
by biturbo93
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
Van Halenの僕的代名詞 ”Somebody Get Me a Doctor”
それほど印象深かったんだなあ...
Van Halen 「Van Halen II」

c0045049_83326.jpg多分、最初のサンプラザだったと思うんだけれど、黄色いこのストラト(最初のFRT?)と”Somebody Get Me a Doctor”のカッコ良さが凄く凄く鮮烈だった。もう、出てきた時から大注目(同時期どっちかというと僕自身はRIOTに大注目してた)だったこのバンドはそりゃもう噂以上の凄いパフォーマンスでサンプラザが狭く感じられるくらいだったのだけれど、その中でやった聴いたことないけど凄く凄くカッコ良かったのが、この後で2枚目が出てはじめて知ることになる”Somebody Get Me a Doctor”だったのだ。
この黄色いストラトは最近自分のEVHブランドで出してた(金があり余ってるなら欲しかった)けれど、当時はワケわからないトレモロが付いたカスタムギターとして大注目だったし、その上で繰り広げられるエディ(Edward Van Halen)のプレイの凄さにももう文字通りノックアウトだった。だって、1stが出た時には誰もライトハンドでさえ分からなかった時代だったのだから。

 後からこの2枚目で聴いた”Somebody Get Me a Doctor”もやっぱりカッコ良くてこの2枚目は1枚目以上に大好きになったし、未だに一番好きなVan Halenのアルバムかもしれない。静けさが不気味な”You're No Good”で始まった後での”Dance the Night Away”〜”Somebody Get Me a Doctor”への繋がりは最高に気分を盛り上げて楽しくさせるし、”Outta Love Again”の絶妙なリズムギターなんて特にエディの桁外れなリズム感の真骨頂だと思ってる。そして、アコでも超絶な”Spanish Fly”、と、未だに飽きずに聴き続けられる数少ないアルバムの1枚なのだ、本当に。


 さてさて、ほぼWolfgangなギターを最新ツアーで使ってるエディさん。とうとう、EVHブランドにしてしまようである(Fender製?)。さすが商魂たくましい(ガメツイ?)兄弟。
by biturbo93 | 2008-03-10 23:25 | MUSIC_ROCK
<< 浸る ”Calling You” Simon & Garfunk... >>