Everyday I Write the Blog?
by biturbo93
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
復活!アメリカンハードロック!
c0045049_027380.jpgKISS、エアロ以降のアメリカンハードロックの復権というと、誰もがヴァンヘイレンを思い浮かべると思います。確かにそれはそれは衝撃的なギターサウンドでした。しかし、その衝撃的なデビューアルバムのライナーノーツにもヴァンヘイレン以前にハードロック復活の兆しとして挙げられた注目すべきバンド、それはRIOTです。そう、カタカナで書くとライオット。このバンドはスゴイです。何が凄いってまず、Voのガイ・スペランザ(!)の頭がアフロ!!。そう、その姿はまるでAir SupplyのVo(名前失念)のよう。しかも、常にキーが高いところも似ている。そう、ロストインラブが歌えそう、というかエア・サプライがハードロックやっちゃってるようと言った方が良いかもしれない。しかもしかも、デビューアルバムに納められてる「WARRIOR」という名曲はなぜかなぜかその当時のアイドル五十嵐ユキ(顔も思い出せないけど)が速攻カヴァーでシングル出しちゃうという受け入れられ方。かなり無理のあるハードロックなんだが.....。しかもしかもしかも、セカンドアルバムのタイトルはなぜか「NARITA」ナリタ、成田(NARITAという曲はハードロックインストものの佳曲)。タヌキだかなんだか良く分からないケモノが毎回ジャケットにいるし。しかし、見た目やアイドルに使われたこととは全然関係なく非常にシンプルでキャッチーでメロディアスでとにかく佳曲が揃っているバンドでした。その特徴的な声を出すガイ・スペランザが在籍してた3枚目までは特に曲がイイ!。サウンド自体はマーク・リールというギタリストを中心に作られてるが、かといってギターの目立ちすぎないアレンジでハードな音ながらも非常に耳障り無く聞きやすい。なのに、なのに、なぜかヴァンヘイレンの登場やレインボー以降のハードロック・ヘヴィメタ人気に全くのれずに消えてくことを余儀なくされた悲しいバンドである。しかし、今聞いても本当にアルバムの中にはイイ曲ばかり。ただ、その曲もこじんまりとして聞こえなくもない部分とやはり見た目の地味さが今ひとつブレイクしなかった原因かも。しかし、当時は少なからずファンはいたと思うが。アッシもAC/DCとともにかなりヘヴィローテーションでテープをかけてた記憶があります。例えば楽曲としてKISSとかワリとキャッチーなロックが好きだという人にはぜひ聞いてもらいたいバンドなんですよ。ほんとに「Kick Down The Wall」なんて聞かなきゃ損ぐらいの勢いで押しますよ。あ、ヴァンヘイレンも書こうと思ったけど、いっぱいになっちゃったんでまた改めて。c0045049_0272534.jpg
by biturbo93 | 2005-02-25 23:45 | MUSIC_ROCK
<< ルビーの指輪、だけじゃない。 ニューロマンティック >>