Everyday I Write the Blog?
by biturbo93
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
今度はDVD付 Cheap Trick 「コンプリートat武道館」
愛すべきウルトラB級ロケンロール。
Cheap Trick 「コンプリートat武道館」

 ということで、なんと30年前Cheap Trickを一躍有名にした(と同時に武道館も有名にした?)あの一晩を再現する記念ということで、「at武道館」のコンプリートが10年ぶりに再発ということ。10年前に出たものとCD自体は全く同じ。オリジナルの「at武道館」を1曲残さずにセットリストどおりに並べたもので、そこに関しては全く同一。違うのは以前はCDエクストラだったインタビュー&ライブがDVDになっていることと、TVスポット追加と特典パンフ(笑)。そう、殆ど本質と関わりない部分なのでマニアかコレクター以外は前回のものでも構わない。ええ、全く構いません。

 但しマニアでないけれど、ここらへんに関しては常に最新のプレスを持っていたい僕はもちろん買ってしまったが、それと同時に久々に聴く「コンプリートat武道館」は良くも悪くもライブの荒削り感が出ていてとても懐かしかい匂いがする。当時感じた間延び感(”Speak Now Or Forever Hold Your Peace”)も全くそのまんま。でも、やっぱりチープトリックは初っ端からストレートなライブバンドだったということも再認識。いやあ、チープトリックは良いねえ。
 特にライブバンドを分からせてくれるのはギターのアレンジで、スタジオ盤から殆ど凝った装飾の少ないバンドだけれど、Rick Nielsen(リック・ニールセン)のギターはリフ、バッキング、ソロともに音の隙間無くサウンドが薄く聴こえないように丁寧に弾かれているのが良くわかる(Robin Zander(ロビン)も弾いてるが、ロビンの音が無くなったとしても楽曲として成り立つ弾き方をリックはしている)。そこの埋め方はTom Petersson(トム)のベースもしかりである。ここらへんの手練感が、当時からポッと出のバンドとは一線を画して玄人感を感じられた所以だろう。ストレートでキャッチーのロケンロールならではの奥の深さなのだよ、Cheap Trick は。

 今、巷にあふれているキャッチーなロケンロールバンドなんて全てCheap Trick の二番煎じ言えなくもないくらいだからね。頑張れCheap Trick !!。
by biturbo93 | 2008-04-29 16:35 | MUSIC_ROCK
<< 紙ジャケ祭り?? Van Ha... Gibson SG >>