Everyday I Write the Blog?
by biturbo93
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
トレモロアーム(また JEFF BECK)
c0045049_0402328.jpgc0045049_0404479.jpgシェクターのJBモデル今はシェクターでこの時代(78来日時)使用のストラトをまだ売ってるようです。ベック大先生のものはフェンダーストラトにシェクターアッセンブリを加えたものなので、まんまコピーモデルではないです。この頃グレコからは見た目(もちろんシェクターでない)は全く同じモデルが出ていました。一時期大流行りでしたね。
ジェフベックといえばストラト特有のトレモロを駆使する演奏が多いと思いますが、大先生の違うところは、メロディーフレーズの中で感覚的に使ってしまう、という野生の凄さがあります。ジミヘン始めブラックモア御大とかエディだってトレモロは思いきりアクセントやメロディフレーズに関係ない部分でグオーン!とかウインウインウインとかウワンウワンなんて感じで使います。しかし、先生はそういう使い方もしますが、普通に主メロの真ん中に音程を上げ下げするチョーキング感覚で使ってきます。特に「Rough and Ready」等のJBG時代では、ボトルネックも含めて何気ない混ぜ方の宝庫です。トレモロ使ってメロディーがおさまるという発想は凄いですし、そんなに感覚的にさりげなく使えてしまう人も滅多にいないでしょう。ソロ以降ではわりと「Air Blower」のように目立った使い方もドンドン増えてはきますが。
さて、こんなトレモロを感覚的に使えてしまう滅多にいない存在が日本には立派にいました。ちょっと派手目ではありますがCharの「GIRL」(古っ!!)等ではウインウインなトレモロも出てきますがさりげない使い方も随所に聞けます。この頃は確かムスタングではないと思うのでわりと強〜弱まで色々な使い方が聞けて楽しいです。(ムスタングだと効きが弱いので結構ぐいぐい使いがち)
トレモロ一つでも聞くものを唸らせてくれる(勝手に唸ってる)ところはさすがベック大先生。そっれと歌謡曲という土俵に放り込まれながらも感性に訴えるギターを弾いていたCharにも唸っちゃいます。(ちなみにCharの「GIRL」は今聞くと歌詞でも唸っちゃいますけど....♪また、逢える日があれば.....オレのオ・ン・ナに、するぜ......)
by biturbo93 | 2005-03-03 23:37 | MUSIC_ROCK
<< リアルタイムに居た PLAYBOYで3大ギタリスト >>