Everyday I Write the Blog?
by biturbo93
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
これでいいじゃん Metallica「Death Magnetic」
遅きに失っしますが
Metallica「Death Magnetic」

 これだけ本気のファンやマニアがいるのはさすがMetallica。新作が出ればみんなが本気でレビューするというのはこんなベテランバンド(いつまでも若造に思えてしまうのは何故だろう?)にとっては非常に喜ばしいことと思う。

 正直、スラッシュ系に関してはもう出た頃から完全にノーサンキューだったし、今でもアルバム一枚を続けて聴くと肩こりがしてしまいそうな気がする。しかし、世に出た頃には殆ど市民権のなかったこんな音達も時代を経てチャート入りすることさえ当たり前な時代になってくると気分も耳も慣れたもので、以前ほどの拒否反応は起こさないし、曲によってはしっかり聴けてお気に入り(”One”のように)になってしまうものさえあったりもするのには我ながらビックリである。

 そんなMetallicaの新譜に関しては、メディア側評論系では荒削りさが戻っただとか、勢いが復活したということで概ね好感触となっているがファン的には演奏や作品のツメに甘さが残る部分で厳しい意見もかなり見られる。
 僕的にはMetallicaというのはスラッシュというイメージから見ると肩すかしを食らうくらいなスッカスカさというのが一番最初に「Kill 'Em All」を聴いた頃からのイメージで、その当時はそこに粗さと速さが加わったくらいなものだった。そこから、段々と速さが抑えられて深みが見えるようになった部分で気に入るようにもなったし、NWOBHMに対しての敬意という意味では同世代として共感できる部分もあり他の同ジャンルの音よりは心を開けた部分もあったのだと思う。但し、深みが見えたといっても根本のスッカスカ(なぜ低音を抑える?)と粗さというのは大作になった頃でもあまり変わらないイメージがあったので、今作はそこが多少強調されているが相変わらずのメタリカだし、この音はメタリカ以外では出ないとも思っている。そして、正直メタリカの音に対してそんなに完璧さは求めてないので全く不満も持たないし、これで良いのだろうという感想だ。しかし、こと”The Day That Never Comes”に関してのみ何らかの狙いを感じなくはないが。

 まあ、それだけ思い入れが少ないからそんな感想しかないのだろうと言われてしまえばそうなのかもしれないが.....。

 しかし、相変わらず曲が長いな......。
by biturbo93 | 2008-09-28 23:52 | MUSIC_ROCK
<< あ、新しいMacBookPro? 国産ヴィンテージ >>