Everyday I Write the Blog?
by biturbo93
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
カテゴリ:未分類( 16 )
Wes Montgomery 「Bumpin' On Sunset」
ちょっと軽過ぎるけど...
Wes Montgomery 「Bumpin' On Sunset」

 あの親指テクニシャンWes Montgomery(ウェス・モンゴメリー )が、Jazzの世界から少し前に踏み出してイージー・リスニングを演ってしまったこのアルバム。おっと1967年の盤らしい。でも、この1年後には殆ど原因不明(今程情報の早くない昔の高名なアーティストにはこういうの多いですね。未だにロバート・ジョンソンなんて真相を追ってる人も居るようですし。)

 それまでのJazzアルバムファンには日和った感じに聴こえてしまったのかもしれないけれど、そんなマニアックなファンの思いとは裏腹に結構売れたらしい。もちろん、今となってはそんな話は本から得た知識でしかないのだけれどね。

 昔のポール・モーリアや、最近(でもないけど)のケニー・Gなんかを含めて殆どこのテの音楽は真剣に聴き込めないし、そんなに気合いを入れて聴くものでもない。もちろん、オクターブ奏法(今や日本のRockギタリストはかなり多いですね。特にエモっていうかパンクっていうかそこらへんのバンドに)で名を上げたそのテクニックは良く聴けば凄いんだけど、ヘヴィなJazzと違ってギターという楽器のパーセンテージの少ないこのテの音では、そんなテクニックも前面には出てきていないから、そんなに入れ込んで聴く事は出来ないし。ただ、いつもいつも真剣勝負で聴くのも疲れてしまうし、TVもつけたくないような時にこういう風(見えないけど)に、キーボードを打ちながら聴くにはそんなに悪くない。しかも、さすがに一般に受け入れられたようにこのアルバムにはそれ以前のスタンダード・ポップスが満載なのでメロディー的にすんなり流れて行く感じがするし。トップチューンからしてビートルズだし。




 とか、思ってたら7曲目の”Impressions”なんかは超絶なJazzインプロだった。いや、すげえなぁ、これ全部親指ピッキングかよ。恐るべし。


 というワケで、たまにはこんなのもいいかも。
(って、音楽ネタはほぼインプレッションになっちゃってますね。只のインプレッションとかじゃなくてもっとリアルな音楽ネタで続けたかったんだけど....ね)
by biturbo93 | 2010-01-07 23:26
オンデマンドCD? ジューシィ・フルーツ
聴いたなぁ。
ジューシィ・フルーツ  「Drink!」「JUICY a la MODE」

 ということで、あのテクノ・ブームで作られたジューシィ・フルーツを当時非常に愛聴していた。いや、本当に自分の本筋だったRockもBeatもなんのその、この2枚は本当によく聴いた。なんで、あんなに愛していたのかは分からないけれど、単純にツボにはまったとしかいいようがない。

 和製ランナウェイズのGIRLSから、なぜか近田春夫の戦略にイリアが乗っかって殆ど確信犯としてイメージ作りされたジューシィ・フルーツが即席ではあっても他の有象無象のバンドと違ったのはプレイヤーとして結構な手練揃いだったことと、強力なフィクサー(何で自分は入らなかったんだろ?)の近田春夫が居たから実際出来の良い作品を作れた、というところだろう。各メンバーの力量があったというのは、デビューアルバムからも近田春夫作品はありつつもメンバーが作った楽曲が結構あったところからも分かるというもの。この色物さをずーっと押し進めれば良かったのかどうかは分からないがあまりにも瞬間風速的であった(でもあの時代は絶対通過せざるをえなかっただろう)テクノブームとともに失速して後半は色物要素が薄れるも歌謡要素ばかり強くなって魅力が無くなってしまったのだけれど。でも、あのテクノ時代はあがたもりおだってテクノバンドやってたのだからしょうがない(あ、前にも書きましたね)。

 で、LPしか持ってなかったのでCD(再発なのかな?)を熱望していたこの2枚だったのだけれど、今年になってなんかオンデマンドCDという形での再発となっていた。オンデマンドCD?。なんぞや、と思い注文してみたら届いたのはパッケージがカラーコピーっぽいCDーRだった。へ?CDーRなの?。
 今更ながらにオンデマンドCDというものの説明をコロムビアのページで見てみると、
「オンデマンドCDは、完全受注生産型のCD販売システムです。毎月アップされるさまざまな商品の中からお客さまが欲しいと思う商品をCDショップ又はEC(ネット)ショップサイトにてオーダー。オーダー受付完了後、注文数のみを自社生産工場にて生産し、約1週間ほどでお客さまのもとにお届けいたします。」と、こんな風に書いてあった。そっかそっか、そんなにガッツリ需要があるワケじゃない作品達をこういう風に売れる時代になったのか。ダウンロードものとそんなに変わらないのね。CD-Rだし。

 まぁ、簡単にネットで買える時代だしダウンロードと違って安っぽいけどパッケージもあるからいいのか。とてもとても聴きたかったワケだし。ということで、iPodで思い切り聴くことでしょう。

 いやぁ、しかし一発目の”あやふやアバンチュール”から既に泣けるなぁ...(嬉)。
by biturbo93 | 2009-10-21 23:38
クリスマスです 「ON THE STREET CORNER 2」
ずーっと流しておきたい。
山下達郎 「ON THE STREET CORNER 2」

 殆ど邦楽に関しては聴かないように思われているかもしれないが結構そんなことはなく、色々と聴いているつもりだ。だけど、なんか邦楽っていうものについては書きにくいのでなかなか書く機会がない(というかあんまり書くつもりもないのだけれど)。

 というわけで、今日はクリスマス・イヴ。名前そのものな名曲が有名な山下達郎のアカペラ2枚目がコレ。クリスマスとは関係ない歌ももちろん多いが、”きよしこの夜””ホワイト・クリスマス”も入っていてクリスマスに流しっぱなしにするのにはもってこいだし、どこにでもあるクリスマス・オムニバスみたいに脳がない感じもしないし。

 もちろん、我が家でも現在流しっぱなし中。山下達郎の声が静かにBOSEから響いています。Merry Christmas。
by biturbo93 | 2007-12-24 10:40
A級ではないギタリスト列伝第4弾(ははは) Wilko Johnson
チョップ!チョップ!ひたすらチョップドギター!えいっ!!

c0045049_18331799.jpgBeatの神様、チョップの神様Wilko Johnsonは、本当にキレが良くてカッコイイ。

 Pub Rockといえば、今は亡きLEE BRILLEAUX率いるDr. Feelgoodが僕的代名詞となっているが、Pub Rock全盛期のギタリストと言えば殆ど誰もが真っ先に浮かぶであろう名手がこのWilko Johnson。

 この後のPunk世代にまでその存在は敬意を持って誰もが影響を受けたカッティングと、その黒色に赤いピックガードの小汚いテレキャスターが代名詞のウィルコは珍しくこの日本においても非常にファンの多いギタリストで、未だに来日すれば若いファンも含めて人が集まるのだ。しかも、ウィルコ信者とも呼ぶべき心底深いファンが多い。こういったマニアックなギタリストながら多くのファンに真価を認められている希有な人物(特に日本では)と言えるだろう。(でも、だからこそヘタなことは書けないともいえる)

 早々と抜けてしまったDr. Feelgoodの更にデビュー作である「Down By The Jetty」がやはり強烈なインパクトであったろうし、さらにその一発めの”She Does It Right”のカッティングリフが最高なのだけれど、さすがに残念ながらその部分は後でNewWave&Punk時代(ML的にはKISS&Queen&Aerosmithの御三家全盛期)に後聴きしての驚きだった。なんせ、75年ですから。
 そして、彼等の音(というよりもほぼリー・ブリロー&ウィルコ)は世代も海も超えて非常に多くのバンドに引き継がれているし、最近の僕的超有望株であるLittle Barrieなんてフォロワーとしての最たるものであろう。(彼等もかなりカッコ良い)

 ウィルコのトレードマークである、あの黒地&赤ピックガードのテレキャスターは果たして全盛期から同機を続けて使っているのか代替わりしているのかは分からないが、デビュー時からかなり見た目の変わった現在まで一貫してあのスタイルを貫いているところも多くのファンから心酔される要因でもあると思う。


 ウィルコ・ジョンソン(Wilko Johnson)、口に出しただけでその切れ味鋭いギターが頭に浮かんで来る。確実に。
 

Wilko Johnson 「Call It What You Want」
by biturbo93 | 2007-08-25 21:37
Johnny、Louis & Char 「OiRA」
なんか前に書いたような気がするんだけどなあ.....
Johnny、Louis & Char
「OiRA」


 Pink Cloudになる前のJohnny、Louis & Charの快作「OiRA」
これはもう素晴らしいの一言しかない。もう脱帽です。
こんなRockなドライヴするアルバムが日本から生まれていたというその事自体僥倖としか言いようがない。いや、ホントに素晴らしい。

 まず初っ端の”Head Song”のイントロのリフ&カッティングからもう鳥肌もの。そしてこのリズム。シャキシャキって音が聞こえるくらいにこのスリーピースのキレは凄い。そしてそしてバッキングの入らないギターソロでも本当に3人の音だけでこのカッコ良さはないでしょう。この音の空白感(ムリに音を詰め込まずにスカスカした部分もしっかりとそのままでバンドサウンドの一部とされている!)もドライブ感も同様にRock感を感じさせるCreamBB&Aといったインプロ中心の古典的なブルースロックではなく、その時代のイマ的感覚で演奏されていて先グループに感じられるような古さは全く感じられないところが凄い。
 
 また、えてして3人で弾き出すドライブなRockに終始してしまいがちなセレクトにアクセントを加えるように非常にCharらしい”You Keep Snowin'”のようなイントロもあるところが飽きさせない(まあ、本編に入れば完全無欠Rockだけれども....でも途中でもクリアなコードは再現されている。このコードの鳴らし方はとてもCharらしい)。

 まあ、ここで全曲紹介してもしょうがないし、ココを見ているような人はカンペキにこのアルバムの凄さなんか理解済みだと思うのでこれ以上くどくどは書かないが、このアルバムはChar参加アルバムのなかでも相当好きで思い出すたびに聴いてしまうそんなアルバムなのだ。



 あ、ジャケットはコレに似てるね。
The Yardbirds
「Roger the Engineer」

by biturbo93 | 2007-07-12 23:55
心酔....Lindsey Buckingham 。

Lindsey Buckingham
「Law and Order」


いやもう、年末に書いたこの

Lindsey Buckingham
「Under the Skin」
アルバムを聴いてからというもの、iPod nanoに彼のアルバムばかりを入れてかなり集中的にそのRick Turner Model 1 ギターの音に酔いまくっているというこの頃。
c0045049_22183122.jpgもう、最新の 「Under the Skin」の出来が素晴らしすぎるので、これ以前の彼のソロアルバムは霞んでしまう感があるが、まあその時々に抗うこともなくかといって同調しすぎるわけでもなく割合と殆どのアルバムが自由に彼らしく作られていると思う。


  「Under the Skin」ではワリと達成の域というか境地に達するほどのある種悟りを開いている感じだが、今回書いている「Law and Order」ではカントリー的に落ちている部分もあるにせよ、未だその時点での主流(81年!!)の音を彼らしい間引きのアプローチにて形を造っている部分はまだまだの感もある。まあ、25年程の開きもあればしょうがないところだろうか。このアルバム以降の積み重ねと他要因によって最終的に今に至っているワケなので........。

 しかし、彼の曲や歌や演奏とともに非常に気になるのはやはりRick Turner Model 1というその希有なギター。いくら回転(どこまで回るのだろうか?)すると言っても所詮1PUのギターなのだが、その存在感や素晴らしく完全にLindsey Buckinghamの代名詞にさえなっているくらいである。
 最新の「Under the Skin」ではこのアルバムから昇華させたような素晴らしいフィンガーピックも披露しているが、このアルバムではギタープレイヤーという部分は相当抑えられていてそういう意味でも物足りないのかもしれない。だから、今までも厳しい当たりだったのかな?(笑)。


 出来れば、彼とRick Turner Model 1を出来るだけ狭いハコにて見てみたいものである。
by biturbo93 | 2007-02-11 22:41
”Almost Paradise” Mike Reno & Ann Wilson
ううむ、懐かしい。
Soundtrack 「Footloose」

 c0045049_1141819.jpgこの映画からはタイトルチューンを筆頭に非常にヒットしてこの時代にはもうどこでもこのサントラの曲が聴こえるような流行り方だった。
 そんな大ヒットサントラの中の愛のテーマだった”Almost Paradise”を。
この曲はHeartのパワフルAnnWilsonと”それいけウィーク・エンド”(LoverBoy)Mike Renoとのデュエットのバラードだけれど当時旬の2人だけにとてもそつなくしっとりとした仕上がりとなっている。本物のロックバンドではないけれどLover Boyは僕の好きな”Hot Girls In Love”を生み出して才気に満ち溢れているし、反対に女性2人を前面としながらもロック色が濃く本物のロックバンドと言えるHeartの組み合わせではもう映画の善し悪しに関わらず売れることが約束されたようなものである。
 ただ、なぜか同時代のバラードに比べて現在に継続するウェイトは重くない、と感じてしまうのは僕だけだろうか。まあ、確かに作りはベタすぎるきらいはあるけれど.......。



c0045049_1144168.jpgで、上の方の当時の輝いてる顔を尻目に............
一体これは.....
どちらさまで(笑)。
by biturbo93 | 2007-01-31 01:35
好きです、ギター#5 Ibanez Destroyer
やっぱりイバニーズだよねえ。

 前回Deanを書いたギターの話だけど、今回はなんかバカテクギタリスト御用達みたいな感のあるIbanezのDestroyerの話。そう、リアル70's〜80's世代にとってはアイバニーズなんかではなくイバニーズ。今さらアイバニーズなんて聴くともう違和感たっぷりに聞こえてしまう。

c0045049_112977.jpg そんな和製ブランドの中でもエクスプローラーをほんのちょっとアレンジしただけなのに、エラくカッコイイ印象を与えてしまったのがこのデストロイヤー。
 そんなカッコ良さがわかりやすかったのか、結構な数のギタリストが愛用しているけれど僕自身にとって印象深いのはIron MaidenAdrian Smithか、このDef LeppardPhil Collen。特にフィル専用ともいえるこの3PUの黒モデルはその当時の変形ギター達の中でも全く下品ではなく相当カッコ良かったし今でもカッコいいと思うし、さらに未だに欲しかったりもする。
 Phil Collenのトレードマークのように思われるが、その実Def Leppardに加入した「Pyromania」時代に主に使われただけでそれ以降はほぼ使われていない。このアルバムもソロの差し替えしかしていないので、実際にレコーディングで使われたかどうかは分からないし、その前のGirl後期にも使っていたような記憶があるがその時はノーマルな赤メタだったように思う。但し、”Photograph””Foolin'”等のMTVイメージが強すぎたのか、これほどカッコイイモデル(3PUね)なのに、他のギタリストではほぼ見た事がない。
 ノーマル(赤メタ)ではもちろんAdrian Smithが印象的だった。あれ?赤にしろ黒にしろ、このカタチは金髪に合うということなのか?。






 それ以外ではちょっと毛色の変わった使い方としては、1stアルバムでは結構使っていたと言われるVan Halenのドリルでギッタギタなやつもある。でも、ここまでくると元がなんのギターかなんてあまり意味が無くなってくるような気もするが(笑)。
by biturbo93 | 2006-11-05 23:56
好きです、ギター#4 Dean Cadillac
昔はELITEっていうモデル名だった気がする.....


 以前に、こうやってギターのことで、B.C.Rich Bichとかのことを書いてから、大分たつけれど時折思い出したところで書いてみたい、というか、このギターのことを思い出したので書いてみたい。(実はあんまり変形ギターは好きではないのだけれど)

 c0045049_22474321.jpgこのギターの印象はもちろん、The CarsRic Ocasekで、一時期The CarsはみんなでこぞってDeanを使ってた時期があったはずだ。
 初めて見た時には、そのレスポールとエクスプローラーを足したような形(しかも、デザインだけで全く機能的な融合ではない)にビックリもしたが、ワリとオーソドックスにも見えてしまうその不思議な収まりの良さにかなり惚れ込んでいた時期があった。故Dimebag Darrell以降のヘヴィロックなイメージなんてその頃には全くなくて、ハードロック畑でも使っていた人は殆どいなかったのではないかな?。確かKansasが使ってたくらいだったろうか、そう、あのカンサス。

 しかし、どう考えてもボディも重けりゃ、ヘッドまで面積多くて重いというデザイン(ん?デザインと言えるかは微妙だけれど....)は結局長く使い続けるほどのインパクトも中途半端だし、その存在も微妙なのでメイン機とするギタリストも結局はいなかった悲しいモデルだという印象が強い。でも、その中途半端さがあまのじゃくなモノ好きの心をくすぐるように僕自身も憎からず思ってしまう次第だった。

 しかし、このギターで録音されたアルバムって....うーん、誰かがどこかで使ってるのだろうけれど、すぐには全く思い出せないなあ。
by biturbo93 | 2006-10-17 23:22
Popでも Rockでも Beatでもなく Hawaiian?!
いやあ、まだまだ暑いし.......(笑)。
Hawaiian Style Music

 こんなのでゆったりしちゃったりしている。
Popでも Rockでも Beatでもないし、全くHawaiiではないけれど、最近特になんか身体にピッタリときてしまう(笑)。
ウクレレよりはスティールっぽいのが好きなのだ。
しかも、Lap Steelに挑戦してみたくもなっている。なぜだ?。体型がHawaii化しているからか?。......はは。




でも、めちゃめちゃ癒されるなあ。
by biturbo93 | 2006-09-10 16:43