Everyday I Write the Blog?
by biturbo93
検索
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
<   2006年 08月 ( 25 )   > この月の画像一覧
John Sykes 色々と........
いやあ、やっぱカッコイイじゃん(笑)。
Tygers of Pan Tang 「The Cage」

 今まで見たヘヴィメタル系ライヴで本当に見た目がすっごくカッコ良かったのはだいぶ昔の記事でも書いたJohn Sykesと来たThin Lizzyで、噂とは違いパフォーマンスも良かったし、さすがの存在感と分Phil Lynottを中心としたフロント3人のカッコ良さったら(さながら三銃士)なかったなあ、と今でもありありと頭に浮かんでしまうよう。もちろん、感動や納得等色々な感情を色々なバンドが与えてくれたのだけれど、純粋に男ながらに惚れ惚れしてしまった(わりとミーハーっ気は抜きで)のはやはりあの厚生年金以外に無かったのではないか、と。今でも、あの瞬間に見れたことはもう神にまで感謝してしまうくらい。だって、東京ではあの日しか最高の日が無かったワケなのだから......。

c0045049_0222046.jpg と、Thin Lizzyの話しの蒸し返しではなく、先日たまたまTygers of Pan Tang”Love Potion #9”のプロモにお目にかかれる機会があって、やっぱりそこでもJohn Sykesカッコ良いなあ、と。ワリと真性Thin Lizzyファン(とはいいつつ、僕自身もロボも含めての大lizzyファンを自負しているのだけれど)にはそっぽを向かれるJohn Sykesだけれど、やっぱりスターミュージシャンとしての華があるから、その部分では認めるし、実際ギターの影響元であるGary某(笑)よりはよっぽどマシだと思っている。もちろん、カッコ良い悪いのその一点で。耳で聴くだけならカッコ良さなんて見た目は関係ないけれど、ライヴで体験するとなるとパフォーマンスも含めてカッコイイ方が良いに決まっている。
 そんなギターを抱えたスター的印象を思い出させてくれた”Love Potion #9”のプロモだが、この中ではもちろんJohn Sykes一人が浮いているのが良くわかる(いや、Jon Deverillはそんなに嫌いじゃなかったりもするけれど)。こんなちんまりしたところには収まりきらないという雰囲気アリアリである。というワケで、そこから電撃渡り鳥の旅が始まるのだけれど、ここではそんなことも予感させるような一人浮きプレイをしているし、実際この曲が収まるアルバムでは殆どギターを弾いていない。もう、脱退が決まってたので先行シングルであるサーチャーズ(たるい!)のカヴァーであるこの曲には出てしまっているという次第なのだけれど、もう止めそうな人間がほぼメインで映っていてこの先のバンドの行く末(何を頼りに....)を悲しく暗示させるプロモでもある(笑)。


で、そのJon Deverillとのフロントコンビを彷彿とさせる大抜擢Whitesnakeは.....見てないのだよなあ.....メチャメチャ悔いが残ってたりして.......トホホ。
by biturbo93 | 2006-08-31 23:33 | MUSIC_ROCK
今日は......
ヘヴィメタル&ハードロックと笑いと疲れの夜。
貴重なビデオに驚愕。
さあ、これからYouTube探し?。

ははは。やっぱりオールナイトじゃないと(なんちゃって)。
まだ元気かな?。


お疲れさまでした。


追記:
あ、ほんとだ。YouTubeにあった。
Grim Reaper ”See You In Hell”
いつ見てもすげえなあ、このバンド。別の意味で(笑)。

ということでTB完了。
by biturbo93 | 2006-08-30 01:07 | other
これPunkかな? Better Luck Next Time
でも、いいよお。
Better Luck Next Time 「Better Luck Next Time」

 ワリと日本人受けするんじゃないかな?。こっちにもこのテのバンドって多そうだし。

全く予備知識なしに、いつものタワレコで試聴して即レジに持って行ったのは間違いじゃあなかったことは家で聴いて一安心。
 汚いだけ、うるさいだけが目立ってしまうラウド系は苦手なのだけれど、こういう昔のBeatバンドにも通じるストレートなPopさを持った勢いってわりと好きだなあ。The Knack(彼等と違って非常にアメリカっぽいけれど)の昔から。最初にCostello大師匠を気に入ったのもそういう部分だったし。とりあえずのきっかけとしてインパクトあるのは良いんじゃないかな?。その後も聴き続けられるかどうかはやっぱり懐の深さが必要になると思うのだけれど......。

 なぜか彼等のSiteにはタワレコの写真とかがあったりするんだけど、日本に来たことあるのかな?。今度の10月には来るみたいなのだけれど、その他大勢の中でどう輝くのかが見たい気もするバンドかな?。以前に紹介したキレイ系なThe Frayもそうなのだけれどね。そう、The Frayに関しては最近のバンドで一番生で見てみたいかもしれない。なんだかんだいって最近全然ライヴを見てないのでそろそろ.......。と、思っても諸事情がなあ....。はは。

 まあ、そんな時にこのBetter Luck Next Timeはわりと気分をスッキリさせてくれます。変にハスに構えて大人びることないストレートさが心地よい.......だな。



c0045049_23324885.jpg
by biturbo93 | 2006-08-28 23:33 | MUSIC_BEAT
スキンって..........
なんか色々と試そうと思っても、慣れのせいかすぐこのスキンに戻してしまう。
飽きてもいるんだけどなあ.........。




そろそろ、
♪夏休みはもうおわり〜
by biturbo93 | 2006-08-27 23:42 | other
結局......
my powerbook G4のメモリスロットの件は、諦めて512×2という構成から、1Gを1枚という形にしてしまった。まだまだ、買い替える気にならない......。

あと、Towerrecordsの件はこっちに何か影響あるのかな?。僕の憩いの場が....。


Flipper's Guitarはもちろん、店頭日に買ってきた(笑)。ちゃんと。
by biturbo93 | 2006-08-26 23:38 | other
Legacy Editionでなきゃ.... Jeff Buckley
なんでこんなに響くのだろう....。
「Grace (Legacy Edition)」 Jeff Buckley

 実は以前にLegacy Editionではない方を聴いての話を夭折したミュージシャンの話として書いたけれど、この度ようやくLegacy Editionを入手した。
 2CD1DVDで、1枚目は元の「Grace」のリマスター。2枚目はボーナスCDで未発表テイクやライヴ版。そして、3枚目はプロモやインタビューやスタジオの映像というもの。

 未だに日本にこの人が来た時に行かなかったことが悔やんでも悔やみきれない。特にリキッドルームみたいな近い場所でこの人の歌が聴けた人はもう一生分の幸せと感動を得られたことだろう。うん、純粋に羨ましい。

c0045049_1423759.jpg最近はJames Bluntがあの”You're Beautiful”で話題を呼び、そのアルバム「Back to Bedlam」も恐るべき売り上げらしい。世の中がきっとああいうスローミュージックでの感動や癒されを求めているからなのかもしれないが、本意ではないかもしれないけれどあの執拗なまでの感動を誘う部分が「わざとらしい泣かせる映画」を連想させて素直に聴けないばかりか表面的にしか響いてこないのだ。ちょっと言い過ぎかもしれないし、BGM的には文句もないかもしれないがその楽曲に浸ることはなかなか出来ない。

 そういう意味でこん棒で頭を殴られたかのごとくその世界にひきずりこまれドップリと浸からせられるJeff Buckleyは全く違う。本当に痛いくらいに胸に響いてくる。
 これは夭折とかではなく、このアルバムの曲自体が本当に深いのだ。潜っても潜っても足りないくらいに深いのだ。しかも、このLegacy Editionではさらにその感を強くさせる未発表テイクもあるし(もう1枚くらい出来ただろうに.......)、あまり目にする事が出来なかった動くJeff Buckleyも見られる。メイプルのテレキャスターを抱えて歌うその姿には見ていて鳥肌が立つくらいだ(初めてテレキャスターが欲しくなった)。これこそ、この後が無かったから言えることかもしれないが、その歌う姿が痛々しいほどに神々しく見える。特にファルセットを使ったあの声はもう、もう、たまらない。多分ファンであればあの姿だけで落涙するだろうし、マニアックなファンではないこの僕だって目頭が熱くなってしまった。


 僕自身も「Grace」を持っていながらこのLegacy Editionを入手したが、これだけは曲と声の素晴らしさをアーティストに求める人なら「Grace」を持っている持っていないは関係なく持つ必要がある(そこまで断言!)アルバムだろう。

 感動屋さんはハンカチを忘れずに。
by biturbo93 | 2006-08-24 02:03 | MUSIC_ROCK
あれ?
 何で急にカレンダーが表示されなくなってしまったんだか分からないぞ?。スキンをゴチャゴチャいじってたせいか?

 

翌日...

あれ?表示されてる。........むううう。
by biturbo93 | 2006-08-23 00:11 | other
MUSIC MAGAZINE
かたくなにネットとは結びつかない
MUSIC MAGAZINE
ミュージックマガジン 2006年 09月号


 今まで全く取り上げなかったフリッパーズ・ギターが紙ジャケ化を機に特集されている。とりたてて音源として何かが出てくるワケじゃあないけれど、証言とかは結構面白いのかな?。

そっかあ、あの時代は25歳くらいだったワケね。




ということで、Flipper's Guitar紙ジャケで出るのはこの2枚。

「CAMERA TALK(紙ジャケット仕様) 」



「THREE CHEERS FOR OUR SIDE~海へ行くつもりじゃなかった~」


中身とFlipper's Guitarに関してはまた後日。
by biturbo93 | 2006-08-22 23:59 | other
ハハハ! 痛快Rock ! Bullets and Octane
たまにはね。
Bullets and Octane 「In the Mouth of the Young」

  このテの音に関してあんまり新譜に関心はなかったのだけどね.....。


ハハハ、ジャケットにつられて試聴なんかをしてしまった。
 本当にスラッシュ以降のヘヴィロックやヘヴィなミクスチャー等には全くR&Rの欠片も感じずにある一部を除いては自分から進んで聴くようなスタンスは無かったのだけれど、たまたま試聴したら、ウヨウヨといる他イレズミ軍団の音とは全く異なる音が耳に飛び込んできた。なんか非常に懐かしいというかなんというか。Motörhead系なのだけれど、サビにはもう少しポップな感覚もあるし、パブロックをすっごくハードにしたようなベースラインに、アイバニーズ系のギターではない懐かしいヘヴィなギターの音とシャウトではないヴォーカルがのっかってくる(やはり、レスポール使いだったよう)。コレ、真面目にちょっとイイでしょ。久々にお金を出して自分で買いたくなるハードロックなアルバム。


 (....そう、その時にフェイバリットだったRIOTの新譜だっていうのがあって聴いてみたら.........ヒドイ、ヒド過ぎる。とてもRIOTには思えなかった。....ということが多いので。)


c0045049_07922.jpgあと、このバンドで嬉しいのはこのテではありがちな延々とテクを披露するようなギターが出て来ないところがまた良し。そして、結構70年代チックとも思われるリフも良し("Fast" Eddie Clarkeが好きな僕には好感度高い)。まったくもって。なにしろ、それを勢いでストレートに小細工なしでぶつけているところが良い。変にまとまってないもの。そのまとまってない証拠に、初っ端からMotörheadばりのストレートなヘヴィさをぶつけてきたかと思えば、5曲目の”Cancer California”ではなんとズンチャズンチャのシャッフルが飛び出す始末。おお!懐かしのロンドンパンクよ、いらっしゃい。その当時はこんな曲がいっぱいあったんだよなあ、と多分本人達の嗜好を包み隠さずバカ丸だしのごとくさらけ出してしまっているんだもの、これは確信犯とかではなく、大いなる単純さの為せるワザのはず。
しっかしもう、最初から最後まで聴くとその節操のないハチャメチャぶりにはもう笑うしかない....かな?。こりゃあ、大物はきっと無理だろうな(笑)。

 そんなこんなで最近のハードロックな新譜では久々に気に入った次第である。



この先変にまとまってほしくない.......と思う。
by biturbo93 | 2006-08-21 00:36 | MUSIC_ROCK
PowerBook G4その後
なぜか動いている。
c0045049_1433598.jpg 先日急なスリープを繰り返す不穏な症状は突き詰めるとメモリースロットと判明。512Mが2枚ささっているのだけれど、片っぽのスロットのみがイカれてしまってそっちに差すとスリープし始める。2枚差しを諦めて1Gメモリを買おうとして決断すると、昨日突然にその症状が姿を消した。差して抜いて差して抜いてを繰り返してたから急に直ったのがどうも腑に落ちない。
 しかし、あのバッテリーが燃えるのと同じモデルだしメモリ不具合もあるしなのだが、たまたまこの1.67GHZモデルは対象ではない。番号が範囲外なのだ。

 もう、ほぼMacBook Proへの移行を考えてバックアップの300GHDまで買ったのだけれど、とりあえず使い続けてみようと思っている。熱いんだけどね、相当。



 ちょっと、Leopardが載った新デザインの筐体が出るまではMacBookProは見送るだろう。


でも、絶対に名前はPowerBookの方がマル。
by biturbo93 | 2006-08-20 14:41 | other