Everyday I Write the Blog?
by biturbo93
検索
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
<   2006年 09月 ( 19 )   > この月の画像一覧
POPSTAR むむ?最近は?
なんか、居なくないですか?。
ABBA 「Gold: Greatest Hits」
The Bee Gees 「Tales From the Brothers Gibb」

 僕らの物心ついた時代には洋楽と邦楽(というか歌謡曲)との境界線は限りなくハッキリしていた。日曜朝にはPops Best10と歌謡ベストテン(ああ、番組名忘れた:笑)が続けてやっていたが、曲調には全く噛み合う部分もなかった。どちらもハッキリしてたのだ。で、いつしか変に洋楽のエッセンスが取入れられてJ-Popなんて呼ばれるようになったけれどそれは全くの邦楽悪化状態で一部の飛び抜けたPopエッセンス以外はチャートに出てくるのは上っ面のみ洋楽化されたまがいものばかりで正直聴いてられないものが多い。で、洋楽はどうかというと、Punk、HeavyMetal、Rap......とドンドンと切り替わる流れがどんどん混沌化するものと局地化するものとが出てきてかなり僕らの生活の側には来たけれど、その分誰にでも受け入れられるPop Starというのが居なくなってきたような気がしないでもない。
 例えばここに挙げているABBAThe Bee Geesのような全世界的に受け入れられる(アーティスト)というものって今の時代にあるのだろうか?。
 その前にもSimon & Garfunkelだったり、The Carpentersだったりというみんな(家族全員だったり何らかの集団だったり)で聴くPopsというのが確実に存在していた。
 翻って現在は?......。今で言うとそれらに匹敵するアーティストってどんなのが居るんだろう?。簡単には思いつかない.....。



 なんか、こんなところにも細分化というか核家族的というかサイクルの短さ(超ロングヒットって.....?)をも感じてしまうのだけれど。大丈夫なんだろうか?現代。
by biturbo93 | 2006-09-29 23:55 | MUSIC_POP
iPod nano その後
ははは。

結局入手してしまった(笑)。
しかし、首から下げられるというのはこんなにも便利なものかと痛感。その長さが絶妙なので、イヤフォンの延長コードが不要なのも嬉しい(BOSEはiPod30Gの時専用とした)。
その絶妙な長さのストラップが付いているケースは銀座Apple Storeでチョイス。
EZgoing leather pouch for iPod Nano
値段が安いわりに革製だし、キレイな色だし、非常に気に入ってる。ポーターにも心動いたのだけれど、画面が見られないし操作できないので脱落。
今や殆どの人が持っているのでは?とまで思えるiPod。女性の間ではLVやCOACH等というウン万円のケースが人気らしい。いや、らしいというか実際に回りにも何人かいる。ウーン、確実にLifeStyleに入り込んでくるところはさすがApple。そうだよなあ、PCにしても感覚で扱えちゃう部分はWindowsなんてお呼びじゃないものなあ、昔から(ていうか昔はWindowsなかったけれど)。

 ということで、サブ機(笑)iPod nano気に入ってます。はは。
by biturbo93 | 2006-09-27 23:50 | other
Select 1 その2 Queen
”このバンドで1曲セレクトしなさい”
と言われたら一体どうすれば良いか?。

 なんていう事を性懲りもなくQueenで考えてみる。
これまた曲も多いのでしこたま悩む。でもこの悩みや迷いが深ければ深いほど楽しいのだ。殆どマゾの世界かもしれない(笑)。でも、考えてみる。もちろん、今日のiPodは殆どQueenでリフレインだ(笑)。

c0045049_23221896.jpg多くのアルバムがあって、色々なバラエティに富んでいながらQueenという個性を打ち出した彼等だしワールドワイドなヒット曲も沢山持っているので非常に始末が悪いバンドだ。しかも、Zepのように全盛期をリアルタイムで接していないバンドなら殆どが後聴きなので出た当初のインパクトや世評とかも知らずにわりと客観的にセレクト出来るかもしれないが、その点Queenは全くダメ。もう、その誕生からFreddie Mercuryの死まで全てをリアルタイムに接していたので全く持って選びにくいったらありゃしない(とか言いながらニンマリしてたりして)。
 そういえば、Freddieが亡くなる前日に全世界に向けてAIDSをカミングアウト(ほぼみんな分かってたはずだけれど)したというニュースは不思議でしょうがなかったけれど、全くもって本人の意思ではなさそうなところが後味が悪かったなあ。

c0045049_2322269.jpg話を戻して...
やっぱり最初から接していた世代(の中でも下の方なんだろうけれど)としては、まず一つの選択肢としては世界的に売れるバンドになる以前の楽曲からのセレクトとなるだろうか。なにせ、Queenとしての濃さが全然違う。ほんとうに桁違いで前期(おヒゲ前ね)の方が、Queenとしての匂いが良くも悪くもプンプンしている。それは頂点を目指そうとするFreddieからもBrian”金の亡者”MayからもRoger Taylorからも染み出していた成功を目指す濃い匂いなのだと思う(もちろんJohn Deaconからは伺えないが:笑)。

c0045049_23223434.jpgそんな前期の楽曲を見てみると文句なしの完成度を持ち代表曲となっている大作”Bohemian Rhapsody”はもちろんまごうことなきQueenそのものだしあんな曲は他の誰にも真似できないのだけれどそれではあまりにもひねりがなさ過ぎる(別にこのセレクトに特にひねりを求めているワケでもないけれど.....)。しかも、大作過ぎる。というと、お次ぎに頭に浮かぶのはもちろん”Somebody To Love”とくるのか?。壮大なコーラスからあきれるほど軽やかなピアノの初番からハードロックになるQueen王道パターンの真骨頂ではあるけれど.....。何かが違う。
確かにこういったスケールの大きい楽曲も確かにQueenだけど、それだけではないはずだ。

c0045049_23224230.jpg自分自身にはQueenはわりと軽やかなアコースティックなイメージも強いし、独特なギターオーケストレーションが無くてはやはり始まらないという感じがする。もちろん、重厚なコーラスというのもハズせない線である。そして、Freddie Mercuryのキレイな歌声。とすると、もちろん”Killer Queen”.........ではなく、”'39”をセレクトしよう。スタジオ盤でね。アコースティックギターと静かながら厚いコーラスから始まる佳曲であって決して大作ではないが、重厚なコーラスもBrianの重ねギターもFreddieの美声も全て詰まっている。ただ、元々の出自であるハードロックな要素がこの曲には全くない。そういう意味ではかなりアコースティックに偏ったセレクトなのかもしれないし散々悩んだのだけれど、Biturbo93的Queen”このバンドで1曲セレクトしなさい”は”'39”とさせていただこう。

 というか、正直「A Night At The Opera」「A Day At The Races」のどの曲であっても、元々のハード寄りな”Seven Seas Of Rhye”なんかのセレクトだって構わないのだけれど........。いえいえ、あくまでも”'39”で(笑)。


あ、ライヴだとこの曲本当にアコースティックで演るし、コーラスが厳しいので、あくまでスタジオ盤でのセレクトです。念のため。
by biturbo93 | 2006-09-26 23:58 | MUSIC_ROCK
BOSE ヘッドフォンその後
いやあ、直った。


 というより、方向音痴ながら配線とかの電気に関する細かい技が得意というちょっと不思議な後輩が直してくれた(喜)。

 かなりゴツいプラグにはなったがちゃんと聞こえる。良かった良かった。
やっぱり、このヘッドフォン最高。にんまり。
by biturbo93 | 2006-09-25 12:27 | other
風に吹かれて Bob Dylan
今日の一曲は「Blowin' In The Wind」
Bob Dylan 「The Freewheelin' 」

 曲もジャケットも大好き。
この人だけは書くより聴く。方がいいと思う。以上(笑)。











次回のセレクトはやっぱり対極でDeep Purpleかな?。
by biturbo93 | 2006-09-24 23:22 | MUSIC_ROCK
iPod nano
いやあ、壮大にZepと向かい合ってかなりしんどかったので、ちょいと骨休み(笑)。

c0045049_1229138.jpgということで、先日出たカラーの新iPod nanoですが、デザインも以前のiPod mini(そういえば無くなったなあ)みたいになっちゃって僕的にはちょっとカッコ悪い。というか、白がなくなっちゃったので、以前からのiPodスタンダード的な旧モデルが逆にカッコ良く見えてくる。

 普段は5世代iPod(30G)を使っているのだけれど、サブ機用とかスーツ用とか色々と自分の中で理由をつけてしまっていることに気付く......危ない、危ない。少なくとも使わないアイテム(コレクターではない......つもりなので:笑)は入手しないようにしなければ。ハハハ。




 うーん、でもこのデザインが無くなっちゃうんだったら欲しいかな.......ああ。
by biturbo93 | 2006-09-23 13:10 | other
Select 1 その1 Led Zeppelin
”このバンドで1曲セレクトしなさい”
と言われたら一体どうすれば良いか?。

 というような事をたまにiPodとかを聞きながら考えることがある。まあ、そんなことをボーッと考えるなんて余程暇人なんだろう、と思う人もいるかもしれないが結構絶えずそういう端から見ればどうでもいいようなことを掘り下げて考えたり、他人がどうでもいいようなことをイチイチ気にしたりチェックしたりというような事が好きなようなのである。好き、というか殆ど癖みたいなものだろうか。いや、実際こうやって文字にしてみると余計に馬鹿らしく思えるな、我ながら(笑)。

c0045049_0301972.jpgということで最初に書いたようにLed Zeppelin”このバンドで1曲セレクトしなさい”という命題に対して考えてみる。
 いくら、ミーハーな僕であってもさすがに安直に”Stairway To Heaven””Whole Lotta Love”なんかはセレクト出来ない。こう見えてもRockファンたる自負は多少なりとも持ってるつもりだ。ただ、根っからのミーハー根性がそんなプライドを打ち砕くことはままあることなのだけれど......(笑)。
かといって、自ら好きでもない隠れた曲をわざわざセレクトするのは通である見栄をはるみたいでそれもナシである。
 実際に大好きなのは”Achilles Last Stand”(これはもう出だしのアルペジオからしてもう震えがくる...未だに)なのだけれど、大作過ぎて”このバンドで1曲セレクトしなさい”という命題には重すぎるような気がする。

c0045049_0302893.jpgもちろん、Jimmy Pageは3大ギタリストではJeff Beck大先生の次(って真ん中だけれど)に好きだし、総合的に見ても結構好きな部類のギタリスト(コンポーザー?)だ。決して巧くはないけど、あのヘタウマ感もいいし、何しろ良い曲を書き素晴らしいバンドを持続させて数々の名アルバムを残した(この点では大先生も及ばない)のだから。それに、僕自身はワリと突出したギタリストよりもバンドアンサンブルの中で気の利いたギターを弾くギタリストが好きな傾向がある。これ見よがしのソロギタリストは大先生を除いてほぼ苦手なのだ。
 そんなJimmy PageのLed Zeppelinでのセレクト....。これは非常に難しい。しかも、気分や時期によっても相当変わってきそうでもあるし.....。

といいつつ、Biturbo93的Led Zeppelin”このバンドで1曲セレクトしなさい”は、よく考えた結果彼等の特徴が1曲の中に集約されている”The Lemon Song”をあげようと思う。出だしのスローなリフと、そこにのっかるRobert Plantの非常にPlantらしい歌声(しかも声が若々しい!)。そして、途中から急にアップテンポに意向してのJohn Bonhamの騒がしくもノリのいいビートと決してテクはないのにインプレ感たっぷりに曲に合致して暴れ回るギター。で、スローなリフに戻る。そこに出てくる多彩なJohn Paul JonesのベースフレーズとトリッキーなJimmy Pageのギターから最終的にまたアップテンポへ、と6分あまりの中での多様な世界は実にLed Zeppelin的で各パートが個性あふれる彼等にしか出来ない曲である。
 
 多くの人がこういったセレクトでは”Kashmir”をあげるかもしれないが、この多様性ある曲の世界を2枚目(Led Zeppelin II)という若い段階で作り上げた事に対しても敬意を表しての”The Lemon Song”というセレクトとしよう。
by biturbo93 | 2006-09-21 23:29 | MUSIC_ROCK
”Tragedy”のShock! Hanoi Rocks
まだ、書いてなかったのか.....
Hanoi Rocks  「Bangkok Shocks, Saigon Shakes」

 そういえば、邦題「白夜のバイオレンス」の頃はこのジャケじゃなかった。

最初に聞いた時には周りはもうNWOBHMの影響から世の中は既に鋼鉄時代まっただ中。しかも、まだそのブームはLAメタル等のR&R寄りの喚起はなしのゴリゴリ時代。そのせいか非常に新鮮に聞こえたのは確かかもしれない。正直、最初に”Tragedy”を聞いた時は後でハッキリする(笑)彼らの実力の150%増しくらいで聞こえたかもしれない。

 Hanoi Rocksについてはほぼその全盛期をリアルで聞いて見てきたので、非常に自分の側に居る音という雰囲気が強いし、なんか勝手な身内感(笑)があるし、聞いてて全く邪魔にならないし、実際好きなのだけれど、この音が100%ストライクか?と言われたら正直「Yes」と答えにくい部分がある。このテのハードなR&Rという音では彼等は決してハードとは言えないし、その曲作りにも非常にポップな感触が中途半端なベタさを出してしまっている部分がいつまでも垢抜けない田舎臭さを醸し出してしまう。
 僕自身はヒエラルキーという枠の外で暮らしたいと思っている人間だが(結局はヒエラルキーの枠外に行くまでにも結構な消費は必要なのだけれど)、先天的に決まっているものと後天的に変えられるものがあるとすると、上記で言った都会的洗練と田舎臭さというものは変えられない出自によるものであり、田舎ヤンキーは都会的ギャングにカッコ良さの面でもなんでも敵わないし、これだけは絶対的に超えられないものなのだ。だから、Hanoiはいくら頑張っても絶対的にMotleyにもGun'sにもなれないのはしょうがないし、本人達も別になりたくもないのかもしれない。と言っても僕的ストライクはもうちょっとハード風味のあるカッコ良さだし都会的という部分はわりとハズせないところなのかもしれなくて、Hanoi RocksよりはPunk(Punkという音自体が都会限定品)色の濃いLords Of The New Churchがストライクだし、なんだかんだ言って全然書けない真打ちもストライク。

 と言っても、出てきた当初は本当に毛色が違って結構な魅力を放っていた。そのベタ過ぎるほどベタな曲調も肥大化していくヘヴィメタルに比べて好感が持てたのも事実であるし、Hanoi Rocksという存在自体が後進に与えた影響も少なくないと思う。そして、この最初の”Tragedy”によってその後もしばらく付き合いを続けるきっかけになったのだから、僕的にも見過ごせないアルバムであることは確かなのだ。





 まあ、本気で入れ込めなかった一つの理由はAndyなんだけれどね。



 彼等はもうちょっと時代が過ぎればNewYork Dollsと同じ扱いをされるのだろうか??。

 
by biturbo93 | 2006-09-18 22:40 | MUSIC_ROCK
短信:TBスパムひどい
いや、少し落ち着いたと思ったらまたまた異常なTBスパムの嵐。ひどいなあ.......。




ということで......
半角英数のみのTBをブロックしてしまいました。うーん、こんな方法かい。
by biturbo93 | 2006-09-18 01:24 | other
という訳で帰ってきたけど......
いやあ、居ない間にドンドンドンドン(笑)。
iPod nano
iPod shuffle

c0045049_21213824.jpg

iTunes 7


 普通のiPodが液晶の明るさ以外にあまり代わり映えしなかったので今回特に食指が動くものはないけれど、iTunes 7はついに以前紹介したアルバムPickUpが出来るCoverFlowみたいな機能を持つに至ってしまった。しかし、ちょっと本家より遅い。なんか、アルバム表示も演奏中の曲しか出来なかったり、で。すぐアップデートが必要そうかな?。

 落ち着いたらまた書くパワーがあるかどうか...。
by biturbo93 | 2006-09-17 21:27 | other