S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
懐かしくて... The Willard
The Willard 「GOOD EVENING WONDERFUL FIEND」

 懐かしいアルバムが再発されてたので、思わず手にしてみました。再発と言いながら一応インディーズでなんとDVD付き。まあ、DVDはどうでも良いけれど、昔は確か誰かからもらったLPだったし、全く音源も無いので頭の中の記憶を蘇らせようと買ってみたのだけれど......うーん。

 ちなみに、tower愛好家(HMVには行かない)の僕はかなりの額を売り上げに貢献しているような気がして、ふともうすぐ埋まりそうなポイントカードのSTARTを見るとなんと2ヶ月前!!。そうなんだよなあ、ここのところ2〜3ヶ月に1枚ポイントカードが新しくなるという恐ろしいサイクルに突入してしまっていることにふと気づいてしまったのです。嗚呼...。しかも、towerとは別にレコファンで中古漁りもしているので、もう完璧に考えたくない次元に入り込んでいて、そんなこと考えてたら夜も眠れなくなってしまうような....。ううむ、towerさんなんか下さい(笑)。
 殆どtowerに足の向かなかった90年代を考えると嘘のような本当の話なのだ。

 で、話はThe Willardなのだけれど驚いたことに現役らしい。この時期ヘヴィメタル旋風のウラでナゴムやらキャプテンやらと宝島愛読者側もお盛んだったようだけれど、結構ミーハー舶来嗜好の僕としてはあまりそこらへんは詳しくないがこのアルバムはインディーズと言えないくらい売れたとかなんとか騒いでた記憶がある。何を隠そうそんな宝島ファンのコに、DAMNED好きなら聴いた方がいいよともらったような気がする。いや、多分そうです(笑)。

 で、その時の印象はというと、うーんダムドなのかなあ?という印象だったことを今回思い出してしまったのである。なんとなく演りたいことは分かる気はするけれど、確かに当時のインディーズではこんなのがカッコ良かったのかもしれないけれど....繰り返し聴くのはキビシイなあというのが率直な気持ち。多分、昔も今も変わってないと思う。いや、そんな印象はすっかり忘れてしまっただけで。
 曲は悪くはないし、リマスターということなので聴けない音じゃあないけれど、歌がちょっとツライです。こういうのを好きな人だっているし、Iggy & The Stooges”Search & Destroy”(大好きだ、この曲)をセレクトしてるあたり全然嫌いじゃないのだけれど、聴き続けるのはなあ。iPodでも正直アルバム終わるまで待てずにPlaylistを変えてしまったことを白状します。ぺこり。

 でも、なんとなくあの当時の周りの雰囲気を思い出せたので、それはそれでマルなのかもしれない。



 
by biturbo93 | 2006-03-07 23:55 | MUSIC_BEAT
<< ROLLING STONE 5... もう眠くて眠くて子守唄はBlues >>