検索
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
2007年 10月 28日 ( 2 )
とうことで... George BensonとLee Ritenour
そういうこと(どういうこと?)で、YouTubeでかなりの探索を行っているワケだけれど、色々と興味深いセッションなんかにも行き当たることもあるのが面白い。
 そんな中で、Wes Montgomery Tributeということで、George BensonLee Ritenourがそれぞれ(一緒にではない)プレイを行っているのだけれど、フュージョンとかクロスオーバーとか呼ばれた時代の旗手だった2人が純粋にJazzの御大Wes Montgomeryに向き合っている。面白いのはその向き合い方で、あくまで自分らしさを貫くリトナーに対して、その親指ダウンピッキングから完全にウェスのコピーをするベンソン。それぞれがそれぞれのプレイ方法にて敬意を示す、というところが渋い。
 そう、YouTubeの楽しいのはコレを見てから、そのルーツを探りにWes Montgomery本人のプレイを見にいけてしまうところだろう。簡単にリンクによって映像を続けていける、これこそYouTubeならではの醍醐味だ。さあ、次はどこへ?

George Benson & Lee Ritenour
by biturbo93 | 2007-10-28 22:35 | MUSIC_JAZZ
ここんとこ、やっきになって
YouTube動画を一生懸命集めてる。そのワケは。



まだ不明。
by biturbo93 | 2007-10-28 16:47 | other