S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
2008年 06月 29日 ( 1 )
こりゃ、朝飯前か? Elvis Costello & the Imposters「百福」
片手で作れそうだ....。
Elvis Costello & the Imposters「百福」

 うーん、あまりにもなんかElvis Costello大師匠らしいというか、簡単すぎるというか、初心に戻ったなんてことはないだろうし、この久々のストレートっぷりは一体どうしたことなんだろうと、少し怪しみつつも聴き馴染んでしまうそんな新作アルバムがタイトルもどうしちゃったの?という「百福」

 そんなElvis Costello大師匠の作品にしては最近の作品のようなヒネリやインパクトよりも本当に初期のストレートさを感じさせてはくれるが、難しいのは一聴しての印象がかなり薄いところである。但し、今までのどの作品よりもギターの音(結構歪んでいる)が大きめで、そこらへんの小僧のやってるROCKなんてこんな簡単に出来ちゃうんだぞと言わんばかりの主張のようだ。まあ、大師匠のアルバムには一聴してとんでもないインパクトを持つか、いわゆるスルメアルバム的にいつの間にか自分の中でスタンダード化してしまうものと両極端だけれどもコイツは明らかに後者だろう。しかも、いつもどおりで安心感さえある。the Impostersと名乗るもののほぼThe Attractionsだしね。
 インパクトは劣るものの「Mighty Like A Rose」(このアルバムは実は渋い)な匂いも感じさせてくれているが、ここから聴き込んでいくうちにどんな風に印象が変わっていくかそれもまた楽しみの一つと言える。


 解体は僕自身の中でもっと消化してから.....かな?。
by biturbo93 | 2008-06-29 22:27 | MUSIC_BEAT